DJでもないのにスクラッチしちゃったら・・・プロが教える簡単リペア!!

BLOG

 

おはようございます、先週忙しさのヤマを超え、今週は事務処理なんかをゆったりこなしているハズだったすけしんです!!

 

なんだか今週も忙しいっ!!なかなか思うように行きませんね・・・

 

 

 

 

さてさて、忘年会のヤマを超え・・・足元を見ると・・・

 

 

んっ??右トゥの部分・・・スクラッチされてますや~ん!!

 

いつ?どこでやったのか??は記憶にありません!!

そこまで深くはないものの、磨いただけで取れる感じではなかったので、すぐプロのもとへ。

 

 

 

以前の記事でもお世話になった吉祥寺はtonearmさんです。

 

 

 

 

やり方は色々あるようです(傷の度合いにもよります)が、シロウトでもできる比較的簡単な修理方法・・・

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

紙ヤスリ!!

 

 

今回くらいの比較的浅めの傷に対しては、比較的細かい600番手位の紙ヤスリが有効とのこと。

自信のない方は1000番手位から始めてみてはとのアドバイスも。

 

 

 

 

傷が目立たなくなったら、ワックスを塗りこみます。TonearmさんではSAPHIRを。

 

 

 

 

ちょっとした裏ワザとして、わざと水分をとばした状態にします。

柔らかくツヤのあるワックスだと拭いた時に取れやすい為だそうです。

左: 水分がとんだ状態  右: 新しい状態

 

 

 

 

ワックスの塗りこみ完了です。

 

 

 

 

プロはここからフィニッシャーをしますが・・・

 

 

 

 

シロウトは固いもので表面を押し、よりワックスを埋め込む作業が有効なようです。

(指で擦る工程に時間をかけ、指の摩擦熱でワックスを浸透させる方法も有効とのこと)

 

 

 

 

あとはアミラルグロスなどで(これも少し乾燥させているようです)

 

 

 

 

磨くだけ!!

 

 

 

 

蘇ったオールデン!!

 

 

 

 

プロはいとも簡単そうにやってくれますが、シロウトはまず問題ない靴で練習してからの実践をオススメします!

自信のない方は無理せずプロにお願いしましょう!!

大事なモノは擦り過ぎたらいけませんよっ!!!

 

 

今年の傷は今年のうちにっ♪

 

Sponsored Link