「カプリシャツ」夏のクラシコ・スタイルを貫徹せよ。

BLOG

梅雨が明けたことに気がつかなかったトモ・クルーズです。

 

東京は連日30℃超えであり、ジャケットを羽織るのもカナリ厳しくなって来ました。

 

クラシコ魂を真夏にも発揮するのは至難の業かと(笑)。

 

 

そうは言いつつも、「夏でもクラシコ・スメルを担保している」と思うアイテムがあるのでご紹介。

 

 

それが

 

 

 

 

 

カプリシャツ!

 

 

ちょいと調べて見たところ、「”青の洞窟で有名なカプリ島でのバカンスをイメージされ作成されたシャツがカプリシャツの由来」」だそう。

 

 

なるほど、どうりでクラシコ・スメルがする訳ですね。

 

襟元スキッパーかつループ留め釦が大人のバカンスを連想させ、手軽にラグジュアリーな雰囲気が出るので夏にはモッテコイです。

 

 

素材もリネンやメッシュ素材でできていることから「まさに夏対応」なシャツな訳です。

 

 

 

 

 

⬆  私が所持しているのGUY ROVER(ギローバー」のパイル地(L)とメッシュ(R)。

 

 

 

 

 

 

⬆  そして、ジャンネットのリネンです。

 

とにかく、このシャツ一枚でキマってくれるんです。

 

一点、注意点があるとすれば…

 

 

 

 

切り込みの深さ』です。ジャンネットは28cm、ギローバーは24cm。

 

 

ジャンネットは下着を着ようにもモロ見えして無理(笑)。何か下に着用したい人は24cmまでが限界かと思います(笑)。

 

 

 

 

 

カプリシャツは夏対応生地で作成されているので7部袖~長袖が多く、袖まくりするだけでコナレて見える(笑)

 

 

このシャツ一つでリゾート感も出るので、銀座にいようが海にいようが何処でもラグジュアリー。

 

 

 

 

いつか、カプリシャツを着てカプリ島へ行きたいものです。それまでは(グリコ・ジャイアント)カプリコでも食べてお金を貯めますかね(笑)

 

 

あ、同じ『カプリ』でも関係ないと思います(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)。

 

 

お後がよろしいようで

 

 

チヴェディアーモ(また、あいましょう!)

Sponsored Link