モノトーン、ダッフル、エコファー、の3点攻め!(three dots)

未分類

こんにちは。

なおきです。

師走はやっぱり何かと忙しいですね。。。忘年会やら何やらで公私共にバタバタしていますが、今週がピークという方も多いのではないでしょうか。

そして、それと同時にいよいよ完全にアウターシーズン突入!ようやく気兼ねなくアウターを着られる季節がやってきて、アウター好きの私にはたまらない季節。

そんな私が今季追加したアウターがこちら。

ブランドは、

three dots

のエコファーダッフルコート。

チョイスした理由は、横乗り好きの友人がこれのショールカラーカーディガンを着ていたのを見たのがキッカケ。

ということで、このコートをチョイスした3点のうち1点目から。

まずこのコートの一番のポイントがエコファー。使用されるエコファーは、ECOPEL社のもの。

ちょっと話が横道に入りますが、エコファーの存在自体は知っていましたが、ECOPEL社のことはこのコートを買うまで全く知りませんでした。

このECOPEL社。創業者でもある先代の社長が、「毛皮を着なければ年間2000万頭の動物を救える」という信念の元、50年前に立ち上げた会社とのこと。

昨今の動物愛護の高まりから多くの高級メゾンが脱毛皮宣言を行い、エコファーを使用する時代。そんな中、エルメスやフェンディ、ステラマッカートニーなどの高級メゾンにエコファーを提供しているのがECOPEL社なのだそうです。

動物好きの私にとってはなんだか嬉しいエピソード。毛皮自体は高級すぎてそもそも縁の無い話ですが、今後はファッションアイテムの一つとしてのエコファーは楽しめる要素の一つだと思っています。

では、ちょっと実物見てみますと、

毛足の長さは短くもなく長くもなくちょうどいい長さ。触った感じは人工繊維特有のシャリ感は流石に完全には拭えないですが、それでも全体的にはとても柔らかくそして何よりも軽い!重いコートが苦手な私にとっては、この軽さがこのコートをチョイスした理由の一つでもあります。

そして、エコファーならではのポイントが扱いやすさとメンテナンスのしやすさ。

人工繊維なんで、雨でも雪でも全く気にせず着られるし、ちょっとやそっとの汚れも簡単に落ちてくれるのも人工繊維ならではのメリット。あとは、カシミアなんかの高級素材みたいに、クリーニングの時にアップチャージされることもありません。(笑)

アウターは軽く気軽に扱いやすいものを。私自身はこの傾向が今後も強くなっていきそうです。

そして、2点目がダッフル仕様。ショールカラーカーディガンと最後の最後まで悩んだのですが、せっかくなら真冬まで着たいですよね。あとは、なんかこのエコファー素材でフードの付いたダッフル仕様がなんだか可愛いらところも、自分のワードローブには無い幅を持たせてくれる、というのが大きなポイント。

トグルとループはもちろん本革ではなく、どちらもポリエステル。ここで本革を使っていたら、エコファーのコンセプトが本末転倒になってしまいますよね。本革的なダッフルを狙っているわけではないですし、エコなコートというコートのコンセプトが貫かれているのでむしろこっちの方がいいです。

スムースでマットななポリエステルの裏地が貼られているので、外からの風を通さず保温性も抜群です。

この裏地がフードまで覆われているので、チラッと見えるマットな雰囲気が、なんだかスポーティーに見えのも好きなポイントの一つです。

そんなこんなポイントがカジュアルでありつつも、スポーティーな雰囲気を出してくれる、なかなか見ないこのダッフルの仕様。コンセプトがとっても気に入りました。

丈は長すぎ、短すぎず。身幅は割とゆとりあって、今のゆったり目の気分にもぴったりです。

エコとカジュアルとスポーティーさをダッフルにバランス良く落とし込まれているなって感じたのもこのコートをチョイスした大きな理由です。

そして3点目、モノトーン。

今年は本当に良く耳にするのがモノトーン。各ショップの打ち出しやメディアでも良く取り上げてられていますよね。

このコートのカラーチョイスはグレーかブラック。

※画像はブランドサイトからの借り物です。

よりカジュアルに寄せるなら絶対にグレーですよね。トグルもナチュラルカラーなのもめちゃくちゃいいです。

と、今までの自分なら間違いなくグレーをチョイス。

しかし、ブラックでもエコファーにダッフル仕様なので、ゴリゴリのキメキメモノトーンにならないのも逆にいいかなと。そんなことでブラックをチョイスしました。個人的にはドレスアイテムでゴリゴリのモノトーンは特に考えていないのですが、敢えてカジュアルでブラックを取り入れてみるのは面白いかなぁと。と言っても、せっかくなんでドレスアイテムにも合わせてしまいますが。(笑)

この秋冬は暖冬なので、まだちゃんと着てコーディネートできていないため着画がないのですが、イメージするコーディネートはこんなところで。

オフの日にちょっとその辺行くときに、何にも考えずにさっと着るならこんな感じでデニムと合わせたいですね。

オフでもちょっとした飲み会とかに気取っていくならこんな感じで、ウールのドローコードパンツとジャケットで合わせたり。

オンであればこんな感じでグレーとホワイトとブラックでモノトーンにさせてしまってもいいかなと。

はたまたこんな感じの千鳥のパンツと合わせてみたり。

コートのコンセプト上、ジャケパンがメインになりそうですが、グレーのグレンチェックスーツとかで有ればスーツでも合うと思います。

と、こんな感じで、足元はブラックのローファーや、ブラックスエードのチャッカブーツを合わせて、モノトーン又はモノトーン寄りのコーディネートを楽しめたらと思っております。

というこで、このエコファー、ダッフル、モノトーンの3点攻めで、この秋冬を昇天させて、、、もとい、昇華させてみようと思っております!

実はこのスリードッツ。春夏に買いそびれたのですが、Tシャツがかなり秀逸でして。今年の春夏は狙ってみようと思います。

ではでは、今回もありがとうございました!

させて

Sponsored Link