ぶらりショップ巡りの旅 第1店目 前半

BLOG

おはようございます!

 

 

なおきです。

 

 

私の休みは暦通りのため、今日明日は絶賛出勤なので、お休みの方が羨ましい限りです。

 

 

さて、今回を第一回目として、私が気になったお店にぶらりと入ってみる、そんなシリーズをスタートさせてみようと思います。

 

 

 

さて、記念すべき第1回目のショップはこちら

 

 

 

 

 

 

ちょっと名前が見えづらいかもしれませんが、

 

MICHELE&SHIN

ミケーレ&シン

 

 

 

こちらのショップ、イタリアはフィレンツェにある工房で作られる、フルハンドのスーツ、ジャケット、パンツを扱うショップです。

 

 

後から知ったのですが、こちらのお店を運営されている松本さんという方、ピッティでスナップされ、GQなどにも取り上げられていらっしゃる方でした。

 

 

 

 

 

そもそも、イタリア製のフルハンドと聞くと、有名なイタリアブランドのものだと数十万円を超える金額で、私にはとても手が出ない金額なのですが、こちらのショップの価格を見てビックリ。

 

 

 

その値段がこちら。

 

 

 

フルハンドでスーツが20万円を切る金額!ジャケットで13万円。イタリア製の既製品とほぼ変わらない金額。

 

生地に関わらず一律の金額とのことです。

 

 

 

 

もちろん一概に金額だけでいい悪いの判断は私には出来ませんし、まして私にとっても決して安くはない金額。おいそれと買える金額ではありません。

 

 

 

 

しかし、お話を伺ってみると、イタリア製のフルハンドで、仮縫い付き、しかも型紙も一から起こしてという、日本製でもフルハンドではなかなか見ない価格帯に正直びっくりました。

 

 

 

 

ちなみに、こんな感じで、デザインは松本さんご自身がヒアリングしながらスケッチをして決めていくとのことで、あーでもないこーでもないとデザインをして決めていく過程を想像するとなんだかワクワクしてきてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

もちろんフルオーダーなので、ラペルなどの曲線も自在にデザインが可能とのことです。

 

 

 

 

実際に松本さんの私物を拝見させていただきましたが、それがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭のGQに取り上げられたときに着ていらっしゃったものとのことです。

 

 

 

この綺麗に湾曲したラペルライン、素人の私には只ならぬオーラを感じます。

 

 

もちろん仮縫い付きのオーダーなので身体に合わせたデザインであることは容易に想像ができますね。

 

 

 

 

日本で良く聞くイタリアブランドのハンドメイドスーツがゆうに数十万円を超える中、この価格には正直驚きました。

 

 

 

 

この辺り、イタリアブランドの日本で開催される〇〇トランクショーなんてなると、そこにはいろんな諸経費等のマージンが上乗せされていると思うので仕方ないとは思いますがうん十万円の世界ですよね。

 

 

 

それが故にこのMICHELE&SHINさん、銀座という立地、輸送コスト、仮縫いあり、もちろん生地は海外製。様々な諸経費を考えると本当に頑張っていらっしゃる価格なんだと改めて感じます。

 

 

 

 

ちなみに、生地の一部は店内にこのように並べてられており、中にはビジネスできちんと使えるダークネイビーやチャコールグレーの無地のものはしっかりとラインナップされており、もちろんカジュアルなお洒落チェック柄などラインナップされておりました。

 

 

 

 

 

 

デザインサンプルとして並べられたジャケットはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、こちらのショップを知ったキッカケは、銀座をフラフラしていたところ、ひっそりと佇む看板に書かれたフレーズにたまたま目が留まったことがキッカケです。

 

 

 

「イタリア製ハンドメイドスーツ」

 

そして、看板の上をふと見上げてみると、

 

 

 

 

 

 

 

お洒落なジャケットを羽織ったトルソーに呼び込まれていると勝手に思い込みました。笑

 

 

 

今回は、春夏モノのドレスアイテムの補充は大方終わってしまったので、今後の参考にしたいこともあって、失礼ながらもお話だけ伺おうとお邪魔させていただきました。幸いほかにお客さんも居なく、松本さんにもご快諾いただいたので、スーツやピッティのことなど色々なお話を伺え本当に感謝です。

 

 

 

今回はこの辺で、次回は実際に伺ったお話も含めてもう少し書きたいと思います。

 

 

 

 

知れば知るほど奥深い世界。そしてそれに比例して金額も上がる世界。

 

 

 

その中でこのように頑張っていらっしゃるMICHELE&SHINさん。

 

 

 

近いうちに1着作りたいと思わせてくれるショップに巡り合えた気がします。

 

 

 

 

では、今回もありがとうございました!

 

 

 

Sponsored Link