コウセイメンバーに続く!FIVEONEのオーダースーツ

BLOG

おはようございます。

 

なおきです。

 

前回、コウセイメンバーが紹介した、ファイブワンさん。

 

私も今季ファイブワンさんでスーツを作りましたのでご紹介します。

 

まずはファイブワンさんのご紹介を簡単に。

 

ファイブワンさんは、1964年創業の、日本屈指の縫製工場を持ついわゆるファクトリーブランド。

 

 

FIVEONE 

 

大手セレクトショップ等のOEMを受け持ち、その実力は日本屈指。

 

ファイブワンさんを知ったきっかけは、とあるセレクトショップのオリジナルジャケットを購入しましたのですが、その着心地の良さや縫製の丁寧さは素人の私でも分かるほどで、それがファイブワン製だったことです。

 

そんなこともあって、昔からずっとファイブワンさんのオーダースーツに興味は持っていたのですが、なかなか行く機会も無く。

 

東京ジェンツでブログを書いていることもあり、今季せっかくなので、コウセイメンバーと新しいファクトリーブランドのスーツを試してみないか?という試みから、挑戦してみることにしました。

 


オーダーサロンは、銀座のアップルストアの目の前。教文館ビルの5階にあります。

 

お店の内側から入り口の雰囲気。

お店の雰囲気は、モダンというよりも木材の什器が多用されたレトロな雰囲気。

スーツだけでなくオーダーシューズもやっているそうです。

 

入り口入ってすぐにトルソーにかけられたサンプルスーツがお出迎え。

凝ったデザインというよりは、研ぎ澄まされたシンプルさを感じます。時代性を取り入れつつも普遍性を感じさせる雰囲気。

トルソーにかかった状態ではもちろん良し悪しなんて分からないですが、それでもある程度の雰囲気は伝わってきます。

 

棚には買い付けされた生地がたくさんありました。

画像以外にも沢山の反生地があって、どれも結構好きな感じの生地ばかり。画像のブラウンの千鳥柄のコート生地とかかなり雰囲気が好きです。

 

お店に入って棚にある反物生地見ると、狙っている雰囲気とかテイストとかが分かります。

 

縫製パターンもそうなんですが、どんな感じの生地買いつけてるかって、結構重要でして。

 

実際、置いてある生地見て、え??みたいな経験もあり。。そういう場合、実際の仕上がりもそのファーストインプレッションと変わらなかったりしたんです。。。

 

そんなこんなで、全く不安なくオーダーに入ったのですが、まずは自分の好きなプロセスの生地チョイス。

 

 

今回私が目を通したバンチブックの一部ですが、私の好きな生地ブランドはしっかり網羅されてるところも嬉しいです。

 

他にも、置ける店舗数が限られるブランドの生地バンチなんかも置いてあり、他所では簡単に見られない生地がたくさんあって面白いです。

 

今季は私、ジャケットよりもスーツの補充に重点を置いていました。特にグリーン系とブラウン系のスーツの補充を最重視。

※ビジネスコードはとりあえず無視してください。m(__)m

 

 

選んだ生地がこちら。

まずグリーンの生地。

 

 

 

イタリアの3大ミルの1つ、Fratelli Tallia Delfino(タリアデルフィーノ) のMOHAIR TOROPICALから。

 

色味は2枚目の画像の濃い感じに近いです。がらはシャドーグレンチェック。

 

担当していただいたフィッターの泉さんに、グリーン系でとにかく涼しく着られるもの!というオーダーをしたところオススメしていただいた生地です。

 

ウエイトは、200・210g/mで超軽い!その上でモヘアが27%も入っている平織の生地で、シャリ感と通気性が強めの涼感抜群の生地。生地の名前がトロピカルですから、完全に夏向けですね。

 

といってもこの手のウエイトが軽い生地、軽すぎるんで、耐久性や着崩れの不安がどうしてもよぎるんです。

 

でも、生地ブランドの安心感もそうですが、生地のハリがしっかりしているのと、これを仕立ててくれる縫製工場がしっかりしてる、という安心感から、こちらの生地に決めました。

 

ここまで軽い生地だと、適当に縫製されるようなところではこの生地は選べません。逆に言えば、仕立てられるところを選ぶ生地かなと。

 

実はもう一つオススメされた、こちらのソラーロ生地とめっちゃくちゃ悩みました。

同じくタリアデルフィーノのNapoliシリーズ。

グリーンの発色が超綺麗なんです。ソラーロ生地なんで、色に奥深さがあって。ソラーロなのに艶も見事に抑えられていて。

 

こちらもこちらで良かったのですが、こっちは綾織で先程の生地は平織。

 

通気性等を考慮して結局先程の生地に決めました。

 

ただ、この生地、今でも頭に残っていまして。未だにめちゃくちゃ欲しいです。(笑)

 

ちなみに、こちらの生地でチョイスしたパターンは、ファイブワンさんの持つパターンでもジャケット寄りのSHというパターン。

 

肩は雨降り袖にして、アンコン仕立てにしました。

 

仕上がった画像はこちら。

 

 

 

仕上がって羽織ってみたらめちゃくちゃ軽い!さすがウエイト200g!アンコン仕立てもあって、大げさでなくコットンカーディガンを羽織ってるような感覚です。

 

そして、通気性も抜群にいいので、ある程度の暑さなら問題なくいけちゃいます。お世辞抜きに軽くて涼しいです!

そして、不安に感じた耐久性について。

狙いどおり、生地のハリ感も抜群で、生地の薄さを感じさせない安心できる仕立て上がり。そこは煽てることなく、さすがファイブワンさんだと実感。経験と実績がなせる技ですね。

 

これだけ薄い生地を仕立てるとなると、職人さんも相当気を使うだろうなと、素人の私でも分かります。

 

ここまで綺麗に仕立てていただいて本当に感謝です。

 

サイジングも仮縫い無しの一発勝負でしたが、文句無しの仕上がり。少しゆったり目の、今の自分の好みのシルエットに仕上がりました。フィッターの泉さんにも感謝です。(^ ^)

 

 

 


 

 

そして、次にチョイスした生地はブラウン。

 

 

 

と、行きたいところですが。。。

既に二千三百字を超えです。お伝えしたいことが多すぎて、毎回のごとくかなり長くなってしまいすみません(汗)

まだまだ書き足りないことがたくさんあるので、またの機会にご紹介できればです。m(__)m

コーディネートは追い追いIGでアップ予定です!

ではでは、今回もありがとうございました!

 

Sponsored Link