あのブランドのトランクショーに初参加②【スティレラティーノ編】

BLOG

おはようございます。

世の中の流れに乗り、安室奈美恵のFinal Tour 2018 ~Finally~ 』のブルーレイを購入してしまいましたミーハー野郎の散財診断士です。
そして日曜日の晩に、AbemaTVの生中継で安室奈美恵の特集を観ていると、一瞬目を疑う光景が…
ちゃ、ちゃんちゃんこ⁉️⁉️⁉️
(か、肩の位置が…)
罰ゲームかと思いました。
魔裟斗は普段からしっかりとスーツを着こなしている印象だったんですが、世間ではこういう着こなしが流行ってるんですかね…😅
きっとスタイリストがやらかしたのに、魔裟斗が漢気を出して
『ええよ、ええよ、最近パンプアップし過ぎてちょうどええやん』
と丸く収めたのでしょう。
さて本日は、ワタクシの私的ブログからの続きを。
初参加となりました、スティレラティーノのトランクショー。
過去に何度も読んだ、この記事この記事も読み返しました。
いよいよワタクシの順番、遂にヴィンチェンツォ氏やプリモ氏とご対面です。
もうこの時点では生地を決めていましたので、生地選びでは悩まずにディテールをサクサクと決めていきます。
オーダーする際には、原則そのテーラーのハウススタイルにお任せというのがワタクシの主義。
裏地やボタン、ディテール等、全てプリモ氏とヴィンチェンツォ氏のオススメでお願いします。
ただ1つだけリクエストしたのが…
ラペル幅。
ブランドとしての許容範囲のなかで、できるだけ太くして欲しいというお願いをしまして、この日にヴィンチェンツォ氏が着用していたラペル幅と同じ9㎝にして頂きました。
(息子さんはシングルでもっと太かったです)
ちなみに何時もトランクショーには帯同しているという2人の息子さんたち、どちらがお兄さんなんでしょうね…
プリモ氏やヴィンツェンツォ氏の指示に対して、左の方がマックで入力、右の方が紙に手書きでサイズやディテールを書き込むなど、役割が対照的で興味深かったですね~
このお二人も、将来はテーラーを営むのでしょうね~
ディテールも決まったところで、いよいよヴィンチェンツォ氏による採寸が‼️
モチロン、ラティーノ(44)を着用して参加。
『普段から鍛えているのか❓』
と一瞬にして見抜かれたのも嬉しい限り。
(代理店の方が英語を訳して下さいます)
日頃ユニクロばかり着用しているのに、スーツ映えの為に無駄に胸筋を鍛えている甲斐がありました😂
(雨だったのでこの日もパンツはユニクロのスリムフィットチノ)
着丈等のサイズのリクエストも、ラペル幅以外は全てお任せだったのですが、ここで驚いたことが。
普段、手持ちのラティーノの既成は殆どが42なのですが、胸まわりを基準にすると今回は46から詰めていくとのこと。肩回りは、なんと48くらいでもいいと‼️
確かに、最近チェストプレスやプルダウン、ショルダープレスの重量を重くしたからか、手持ちの服がキツく感じ始めたところだったのですが、まさか46からとは…
ウエスト周りは44程度で十分ということでしたので、これはこれで仕上がりが楽しみです。
ちなみにこの日に着用していたヘリンボーンのラティーノを平置きにして、ヴィンツェンツォ氏は何度も採寸しておりました。
とまあ、デザインやサイズも諸々FIXしたところで、何やらプリモ氏が…続く

Sponsored Link