雨の日はただチニ、CHEANEY 。

BLOG

関東も梅雨入りしました。

 

天パーなので髪の毛がクルクルし出すのが憂鬱なトモ・クルーズです(笑)。

 

以前、千葉スペシャル(東京では有名な靴磨き集団)レポを致しましたが、その際に『雨の日は雨用の靴を履かなきゃダメだ!』と言われまして。

 

 

その日から『雨対応シューズ』の吟味を続けてたんです。

 

そうしていたところ、プレセールで相応しい一品をゲットしたのでご紹介!

 

 

 

 

 

 

JOSEPH CHEANEY / ジョセフ・チーニー『BROAD 2』フルブローグ。

 

1886年創業、英国グッドイヤーシューズ界の老舗です。

 

日本ではチャーチのセカンドライン的な印象が強いため、それだけで『ダメなんじゃないか?』と思われる方も多い。

 

かく言う私もそう思ってました(笑)。

 

 

 

 

⬆  しかしながら、昨年ビームス別注のコンビシューズを購入してみたところ、『諸々ちゃんとしている』事が分かったのです!

 

話は戻り…

 

セレクトショップオリジナルやTPオリジナルも見たのですが、革質と細かい仕上げが今ひとつでして。

 

今回のシューズ選びのポイントは…

  1. 予算35,000円内
  2. セミかフル・ブローグ
  3. 色は絶対ブラック
  4. 革質は譲れない
  5. ブローグの細かい仕上げが完璧であること
  6. 少しだけノーズが長いこと

これらの条件を全て満たしたのが、SALE対象になったチーニーでした。

 

 

 

 

 

写真を見て『おや? クルーズセレクトの中ではノーズ長くねぇか?』と思われた方、流石❤!!

 

 

ここは『あえて』なのです。

 

 

と言うのも、今年の春夏は昨年までのコットンパンツ気分から完全『ウールパンツ気分』に移行致しまして。

 

 

 

 

 

(↑ それにしても、美しいブローグ仕上げ❤)

 

 

グレーウールパンツには『少しドレス感ある面もち』なモノかつ『ブラック』が今季好相性だと。

 

 

そして、今期仕立てたグレーウールパンツの裾幅を全て18.5㎝にしたので、ポコリとしたフォルムよりも少しだけノーズ長めが良いなと。

 

 

つまり、私の愛するオールデンよりも、『少しだけノーズが長いもの』が今回チョイスの決め手でした。

 

 

 

 

 

 

私のリーサルウェポンである「エドグリのドーバー(32ラスト)」と比較すると…ほぼ同じノーズ丈。

 

 

印象ではエドグリ202ラストに比較的近い気がして、この辺りも購入のポイントでした。

 

 

 

 

でもって、先週金曜日の雨の日にデビュー!!

(千葉スペにやるなと言われた『防水スプレー散布済み』(笑)。だって、雨の日に使うから)

 

 

勿論降ろす前に、ハーフラバーを装着。これで雨の日も滑りません。

 

 

 

 

 

勿論、雨の日以外も履きますよ~♪

 

皆さまも、このSALEで『雨の日にも使える一足』を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

⬆  似ているけども上の写真とは『違うパンツ & 違う色味のソックス』。

 

似過ぎていて分からないな…(-_-;)。

 

 

ま、ともかく雨の日はただチニ、CHEANEY出動させます(笑)。

 

 

 

チヴェディアーモ(また、あいましょう!)

 

 

Sponsored Link