紺ブレをマナブ

BLOG

 

 

おはようございます、昨日の雪、3月下旬であんなに降るとは思いませんでした・・・スタッドレス交換も冬物衣類を早割りでクリーニング出すことも全て白紙にした、すけしんです。

 

 

 

とはいうものの来週からはまたかなり暖かくなるようなので、もう冬物コートやフランネルのJKT、スーツなんかはしまうなりクリーニングに出すなりする必要がありそうです。

 

 

 

これからの時季に着たいアイテムとして、以前のBlogで取り上げた紺ブレ、金ボタンがあります。

 

 

Blog記事内ではちょっとした流行故、ネイビーJKTのボタンだけ金ボタンに交換して・・・という内容でしたが、折角の機会なので代表的な“紺ブレ”というものを勉強してみたい!という衝動に駆られました。。。

 

 

自分の中で”代表的な紺ブレ”というと、Brooks Brothers以外思い浮かびません。。。

 

 

で、早速C to Cで探してみると、けっこう豊富にあるんです!

 

 

ただ、その中でも出品者が自分と似たような体型の方を探します、お直しはできるだけ少ない方が費用面だけでなく、シルエットも崩さず済みますので。

 

 

 

そうして最終的に、かなり程度の良い紺ブレを格安で入手できました!!

 

仕様はCANONICOのトロピカルウールを使用した段返り3ボタン、ウエストの絞りのないボックス型になります。

両サイドのポケットはパッチ&フラップです。

 

 

 

 

 

 

後ろはセンターベントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンはもちろん金ボタン、ブランドのシンボルマークであるゴールデン フリース(金羊毛)入りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだそれほどガシガシ着られていないのですが、気になる点を挙げるとすると、

 

 

<着丈がちょっと長い>

以前の持ち主と身長はほぼ同じ為、元々着丈の設定はやや長めなのかもしれません。個人的には2cm程度詰めたいなと思っております。

 

 

<胸ポケットの位置が低い>

所有している他のJKTなんかと比べるとけっこうポケット位置が低く感じます。

 

 

<肩周りが少々構築的>

そこまで強くはないものの肩にはパッドが入っており、アンコン慣れしてしまっている自分にとっては、鏡で見れば見るほどこの構築的な肩周りが少々気になります。。

 

 

 

 

 

とはいうものの、ネイビーJKTのボタンだけ替えたものとは違い(笑)、素材感やシルエッなどが醸しだす“Theブレザー”的なオーラは間違いなくありますので、これはこれで色々と楽しめそうです!!

 

 

 

ブレザーにレジメンタイだとあまりにも・・・なので、ブラックウォッチを合わせてみました。

シャツはボルゾネッラのタブカラーです。

 

 

 

これから色々なコーデにチャレンジしてみます!!

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link