クルーズ at HOME モロッコからやって来た『ベニワレン』ラグ購入

BLOG

非常事態宣言後、週に一度はテレワークが利く様になったものの、その余裕が仕事には生かされなかったトモ・クルーズです(笑)。

 

人間、余裕が出来ると今まで『いつかやろう』と思っていた事に時間が割けるわけでして。

 

自粛中でしたので自然の流れで、家の中(インテリア)を強化しようと着手致しました。

 

新居に越して来てからもずっと同じモノを使って来たのですが、いつか『コレ』に変えたいなと思っていたのがラグマット。

 

ラグはラグでも、既に決め打ちしてありまして。

 

 

 

 

それは201712月のCASA BRUTUSの『ラグ・リネン・テキスタイル』特集号に掲載されていた…

 

『ベニワレン!』モロッコのベルベル人(遊牧民)が天然ウール100%を使って一枚一枚を手織りしているラグ。

 

 

 

2017年時点でオサレに敏感な世界中のクリエイターがこぞって手に入れようとしたため人気になり、いっ時は値段が高騰していたため、暫く様子見ていたんです。

 

昨年初頭から徐々また日本ででまわりはじめ、幾つか我が家のソファーサイズに合うモノをピックアップしていました。

 

 

 

ウチはまだ子どもが小さいので、色々とやらかすであろうことが予測。

 

最高級特Aベニワレンではなく、AB+クラスのベニワレンに狙いを絞ってリサーチしていたころ、バッチリなのが出て来たので購入!

 

届くまではインスタで色んな国々の方のベニワレン・インテリアをガン見(笑)。

 

 

 

購入先は2週間待てば無料でクリーニングしてから配送してくれるという太っ腹サービス付き、かつ気に入らなけば返品送料も0円だったのも購入の決め手。

 

購入から待つ事ぴたり2週間で到着!

 

 

⬆︎…ど偉く、透明性を担保した状態で発送されて来たのは驚きました(笑)。

 

クリーニングは白洋舎が担っていたのはちょっと嬉しかったかも。

 

 

実際、敷いてみるととっても良い感じ。

 

ラグの厚みもこんなにボリューミー!

 

 


厚めのウールと言うと暑苦しい印象を持つかもしれませんが、

 

空気を含んだ手織りの天然ウールが暑苦しいどころか、非常に心地よいのです。

 

 

人生でシロ系のラグをチョイスしたのは初でして、コレがとっても我が家の家具に馴染んでくれました。

 

ベニワレンを模した偽物?の様な商品が比較的安価で出回っておりますが、天然ウール100%の手織りの風合いは唯一無二の風合いです。

 

 

 

 


⬆︎こんな感じで我が家のリビングにも馴染んでくれました。

今回の買い物は大成功だったと思います。

 

みなさまも、ステイホーム中に家の中にお金をかけてみるのも中々良いものですよ!

 

クルーズ at HOME、ネタがなくなったら第二弾をお送りします(笑)。

 

洋服も大切ですが、ライフスタイルも大切にしていきたいものです。

 

追伸

『楽天ルーム』を始めました。私の愛用品や気になるものをボチボチ載せて行こうと思ってます。

 

 

 

⬆︎もしよろしけばご覧下さいませ(コチラ

 

 

本日もブログをお読みくださり、ありがとうございました

Sponsored Link