金ボタン実践編パート1

BLOG

 

 

おはようございます、すけしんです!!

 

 

まだまだ凍えるほど寒い中ですが、こうやってリレーBlogをやっていると色々物欲が刺激されていけません・・・そろそろ春夏の仕込をと日々妄想しております。

 

 

色々と欲しいモノはあるのですが、クルーズさんの影響もあってか、まっさきに思うのは『金ボタンの紺ブレが欲しい!』なんです。非常にベタなんですがσ(^_^;)日々その思いは強まるばかり・・・実はセールで購入したタブカラーなんかもかなり紺ブレとの合わせを意識していたりして・・・

 

 

 

 

ちょっと生地に拘ってFox辺りで作ろうかな~とかも考えたのですが、

 

 

もしこの先、金ボタンを普通のボタンに付け替えたら、ただのネイビーJKTです・・・。

 

ネイビーJKTなら持っていない訳ではないので、一旦落ち着いて考えてみようと・・・

 

 

 

庶民はこうやって選択しながら限られた原資をやりくりします(笑)

 

 

 

 

 

ちょっといくつか手持ちのネイビー系JKTで試してました。

*あくまでイメージを掴む為で、ボタンは全てボタンホールに仮留めしているだけですので温かい目でご欄下さいm(_ _)m

 

 

 

 

まずはシルク混のウールJKT、色目はネイビーというより、ブラックに近い位濃い目のネイビーになります。

やや起毛感のある素材ですが、色目と素材に金ボタンがマッチしなかなか良い雰囲気!!

 

 

 

 

 

続いてウール地のホップサックネイビーJKT、イメージするブレザーの色目には一番近いかもしれません。

一般的に一番しっくりくるのはこの手の色目、織り柄と思います。まさに王道。

 

 

 

 

 

こちらは上のJKTより更に青みが強い、リネン混のJKTです。実際は画像よりもっとブルーに見えます。

金ボタンが合わない事はないのですが、JKTのブルーと金ボタンがかなり派手でクラシック感よりはちょっとチャラい感じが強い印象です(笑)

 

 

 

 

 

もしこのJKTのボタンを替えるのであれば、金より銀ボタンの方がしっくりきそうです。

 

 

 

 

 

 

そして最後にニットJKT、色目は濃い目のネイビーです。

これは既存のボタンをすぐにでも替えたいほどよく似合いました。やはりニット素材とメタルボタンの相性は抜群ですね!

 

 

 

 

 

こうして見てみると、色は濃い目で素材感のあるJKTに金ボタンはとてもよく合います。

 

個人的には一番最初のJKTなんかは金ボタンにしてもとてもシックで、ビジネスシーンでも使えそうです。

 

逆に2番目のホップサック地は相性が良すぎてトレンド感が出すぎのような気がし、個人的にはそのど真ん中は外したい気持ちが強いです(笑)

 

 

 

と、今回は金ボタンを試してみました。

 

ちなみに・・・クルーズ氏の影響か・・・ユザワヤの金ボタン在庫が少なくなってきています(クルーズ氏紹介の金ボタンです)

またボタンだけでなく洋服好きには生地やら革やらあり面白い場所ですので是非行ってみてください!!

 

 

 

※お知らせ

TOKYO GENTSのサイトURLが来週月曜日(2月19日)より変更となります。
旧)http://tokyogents.main.jp                       ⬇
新)http://tokyogents.com/

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願いします。

 

Sponsored Link