シーズンの立ち上がりはネクタイの補充から!!チョイスしたブランドはAD&C!

BLOG

おはようございます。

 

ここ最近,自分の転勤による業務の変化,急性胃腸炎等の体調不良,父の声帯摘出手術等々,心身ともに何かと負担が大きかったここ数日。そして緊急事態宣言。

 

悪いニュースが続いていますが,せめて気持ちだけは明るくいたいと思っております。

 

さて、シーズンの立ち上がりに必ず補充するのがアイテムがネクタイ。ネクタイを変えるだけで,印象がだいぶ変わるからと,重衣料の補充と比べてお財布にも優しいからです。

 

 

ということで,私,今シーズンも早々に補充したのはAD&Cのネクタイ。

左からブラックのドット,真ん中ブルーの無地,右ベージュの無地

 

私もAD&Cのネクタイは数本所持していますが,このAD&Cのネクタイって,シンプルだけど発色が綺麗なネクタイが多く,軒並み値上がりしていく他のインポートブランドと比較して価格が抑えめなんで,シーズン立ち上がりに1,2本補充するにはオススメのネクタイブランドです。本数揃えたいときなんかはなるべくお手頃な価格帯なのでありがたいんです。

 

ちなみに,完全な推測ですが,プレタ界でもオーダー界でも有名なゼ●アのネクタイ作っているのがここんちかな,なんて勝手に思ったりしています。

 

 

まず,作りはもちろんメイドインイタリー。しかもハンドメイド。イタリア製やハンドメイドにこだわっているつもりではありませんが,なんだか嬉しいものですよね。

 

 

 

そして,今回このネクタイをチョイスしたのは,この無地のタイの発色の綺麗さに完全にノックアウトされたからなんです。

 

 

というのも当然のこと。なぜなら,スーツやジャケットのオーダー界では泣く子も黙る,英国は有名マーチャントの「HOLLAND&SHERRY」の生地が使われているからです。これがカ○ニコ社やレ○社とかだと,「ありそうだよね」ってところで終わるんですが,プレタブランドとタッグを組むイメージのない「HOLLAND&SHERRY」。

 

めちゃくちゃいい生地ばかり持っているブランドなのに,ここの生地を使ったジャケットやスーツなんかの既製品って本当に見ないんです。おそらく,生地が高価のために上代が上がり過ぎるか,そもそもプレタ用に生地を卸さないのか。どっちにしても,既製品ではネクタイとはいえ,そのタッグが貴重であることには変わりなく,生地が大好物の私に,ストレートパンチが綺麗に入ってしまったんです。

 

仕様は三つ折りのトレピエゲ。裏地別布仕様に比べてより多くの生地を使う贅沢な仕様。芯地が無いので結ぶととても柔らかく,ノットも太くなり過ぎずにキュッといい感じに締まり,上品な印象になるのが気に入っております。

 

素材は,ウール65%,コットン30%,シルク5%の三者混の平織り生地。シルクが入っているので,シャリ感やハリがありつつ,シルク特有の艶感やトロトロ感も程よくあって◎。芯が無いのと相まって,軽くて扱いやすい生地。

 

次に,大剣の太さは8㎝。細すぎず太すぎず,ちょうどいい太さ。本当は8.5㎝くらい欲しいところですが,ここは許容範囲です。

 

 

 

では,実際考えているコーディネートはというと。

 

ライトブルーのガンクラブチェックジャケットに合わせるのは鉄板ですね。ここまでチェックが細かいと柄だとちょっとうるさくなってしまうこと,ジャケットがブルーなので,ネクタイをネイビー系にしてしまうと,ネイビーの色が勝ってしまいVゾーンだけが際立ってしまうこと,などなど,このジャケットにはうってつけです。ジャケットに馴染ませる色使いですね。個人的には守りに入るときにやるコーディネート。

 

 

 

次にライトブラウンジャケットの組み合わせ。

 

 

厳格な意味でのアズーロエマローネではありませんが,ライトカラーなアズーロエマローネに落とし込むイメージです。これはVゾーンのコントラストにジャケットの色のコントラストが負けない組み合わせの,私が結構好んでするスタイルです。デメリットは主張は強くなってしまうことですね。。。。

 

 

そして次にベージュタイ。

 

 

ジャケットがアースカラーのグリーンなので,コントラストは作らずに馴染ませる感じに。シャツはネクタイと同系色のイエローをチョイス。とはいえ,なかなかこんなコーディネートビジネスで使えるものでないことは承知しております。。。

 

先程のブルータイにライトブラウンのジャケットの逆ですね。Vゾーンとコントラストをつける。ライトカラーのローファーとか小物をライトカラーのブラウンを使うことで,全体として馴染ませるスタイルにしたいですね。結構好きなVゾーンです。

 

最後にベージュを馴染ませるスタイル。先程のガンクラブチェックにブルータイのコーディネートと同じ発想です。今回シャツを便宜ブルーを使いましたが,ホワイトのシャツなどにしてワントーンぽく纏めるのが好きです。

 

いずれのコーディネートにしても,発色が綺麗なネクタイがゆえに,馴染ませたりコントラストをつけたりすることができるんです。これがもう少し発色が抑えられてしまうと,ちょっと難しくなってしまう。もちろんネイビーの無地ジャケットにもどちらも合うことはいわずもがな。春夏はこれくらい発色が強いネクタイを持っておくと便利です。

 

ブラックのドットタイはというと。

 

    

 

こんな感じの,ワイドピッチのストライプのシャツやスーツに合わせたいですね。

実は最近,ドットタイがマイブームなんです。元々フォーマルな位置づけのドットですが,これくらいの大きさのドットだとポップ雰囲気に感じるんです。このスーツやシャツのように,色をダークトーンに抑えて,ストライプなどのドレス色を強くした場合,Vゾーンをポップにして馴染ませるのが最近特に好きです。

 

しかし,これくらいのドットタイってトレンドではないせいか,探してみるとなかなか無いのがドットタイ。AD&Cが漏れなく展開してくれていたので迷わず逝ってしまいまいた。

 

そんなこんなで,AD&Cのネクタイ。品質に対してのコストパフォーマンスがなかなか高いネクタイブランド。コスパが高くて本当にオススメです。あと,ここのポケットチーフも他と比べてかなり価格抑えめで,それでいて良いモノが結構あるんですよね。私も数枚持っていますがネクタイ同様オススメです。

 

 

ちなみに,このAD&Cのネクタイやポケットチーフ,私が最近好きなショップの一つ,Jedia さんにて購入可能。気になった方は是非。なお,こちらのショップについてはいずれまた別のブログにて掲載しようと思っております!

 

ではでは,今回もありがとうございました!

 

 

Sponsored Link