キムタク世代へ送るグラサン〜特別なRAY-BAN WAYFARER(ウェイファラー)〜

BLOG

約束を守るって、とても大切だと思うトモ・クルーズです。

 

再び緊急事態宣言が延長されたトーキョー・シティー。地方の人においては「東京の人と会っただけで自粛隔離2週間をするのが当たり前」と聞いて驚いております。

 

そんな状況下だもんで相変わらず街に繰り出して買い物・会食というムードでもなく。日々筋トレとジム通いのみのある日、インスタにこんなストーリー広告が!

 

 

レイバンとキムタク⁉︎

 

思わずスワイプして広告内容をチェックすると、「レイバンとキムタクがコラボしたカプセルコレクション発売!』と来たもんだ。

 

 

キムタクの方がワタシより年上だもんで。何を隠そう我々は「キムタク世代」。

松坂世代という言葉が流行りましたがジャネレーションじゃないので全くピンと来ず、キムタク世代の方がピンとくるなと(笑)。

 

我々の年代、オサレを気にかけた人でキムタクに全く影響を受けなかった人っているのでしょうか?(丁度、当時は紙面でも業界でも影響力を持った野口強さんがスタイリストであったことも大きい)。

 

 

と言っても、ワタシはロンバケや最近のグランナントカとか観たことないのでそこまで執心していた訳でもないのですが。

 

話を戻して。

 

 

このコレクションは“200本限定生産のアビエーター(トップガンでトムクルーズが着用したことで有名なモデル。ウチの親父がかけてましたなぁ)” と

 

定番ウェイファラーのフレーム×レンズコンビを組み替えた汎用ライン2種類があるとのこと。

 

 

⬆︎アビエーターは発売当日、渋谷レイバン直営店に1,000人以上が抽選に並んだとか。

 

相変わらずキムタク人気は凄い!

 


と思ったら転売ヤーがかなりいたみたいで、メルカリには2倍〜5倍のプライスで祭りのように出品されている有り様。

 

私は最初からウェイファラー一択。

 

 

しかし、このウェイファラー。いわゆる海外で売られている定番ウェイファラーはインターナショナル・モデルと言われておりまして。

遡ること約25年前に装着したところ、全く似合わずД`)、惨敗した記憶が(笑)。

 

すけしんメンバーも同じ思いをされたと話してました(笑)。

 

 

ところが時は流れ数年前に雑誌beginにて『ウェイファラーにノーズパッド&テンプルに変更が加えられた「アジアン・フィット」というラインがリリースされた』と掲載。

 

いつか試着だけでも!と思っておったのです。

このカプセル・コレクションはどうか?と調べたところアジアンフィットである事が判明!

あ、ちなみに。

 

 

⬆︎大きく分けて海外流通の「インターナショナル・フィット」と顔がデカくて凹凸の少ないアジア人向けの「アジアン・フィット」の2種類に、レンズサイズが52542種がありまして。

ネットで色々と調べると54はかなりデカくて📞往年のトムキャット状態のリスクがあるとのこと(笑)。

 

 

レイバン・オフィシャル・オンライン(通販)で購入も可能でしたが、他のアジアン・フィットも試したかったので店頭に行くことにしました。

 

レイバン直営店は駅から離れていたりとアクセスが悪いので、正規取扱店のPARCO系テナント:ポーカーフェイスへ。

 

 

取り置いて貰ってたので、真っ黒(偏光レンズ)、半透明グレー、本命のブラウン半透明の3枚(メガネの単位は「枚」)を早速試着。

まずはキムタク・ブラウン半透明。

 

 

うーん。この目が見えちゃうこの感じ。

 

アリなのか?ナシよりのナシなのか?迷うところです。

 

⬇︎半透明グレー(インライン品)

 

 

悪くないのですが、どこか面白みにかけるなと。あと、なんか印象が暗い。

 

⬇︎偏光レンズブラック(インライン品)

 

 

『あ〜安心する、この感じ』。やっぱレンズは真っ黒だよね〜!。

 

と思ったのですが、一応店員さんの意見も聞いてみることに。

 

 

(店員)『コロナ禍で皆さんマスクされているじゃないですか?マスクして真っ黒レンズのサングラスしたら、かな〜りあやしい人の出来上がりですよ!」

(*●⁰⁰●)ノ。

 

(店員)『マスクとのコンビネーションから、この一年は真っ黒レンズは一本も売れてない気がします』とのこと。

 

なるほどぉ〜!たしかに、車運転するわけじゃないし、普段から掛けたいし。

ということで、改めてキムタク・半透明ブラウンをかけてみると納得。

 

 

フレームはシャイニーだけどもレンズは柔らかで。安心感あるブラウンの評価がぶっちぎりで上がって来まして。

 

半透明レンズのグラサンを持ってなかったこともあり、購入を決定!

 

早速、ジムに行くときにイキってかけてます。それを見た妻君から「アナタの本業それじゃ絶対分からんよ」とお褒めの言葉頂戴しました(笑)。

 

 


※因みに日本人がレイバンとコラボするの史上初。

今後も殆どないことから、記念モデルとして購入しても良いのでは?と思います。

 

気になった方は、取扱店にて試着してみて下さい。

 

 

 

キムタクは置いといても、一流ブランドが手がけて30,000円以下、ありそうでない一枚に仕上がっていてオススメです。

 

業務連絡:すけしんさんアジアン・フィットはかなり違うこと、約束します〜!

 

本日もブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

トモ・クルーズ

Sponsored Link