初めてのアンティーク時計はOMEGAをWhite Kingsさんで。

BLOG

ご無沙汰しております。

 

なおきです。最近,公私ともに多忙を極め,なかなかブログのアップデートができずにすみませんでした。m(_ _)m

 

秋冬モノもいよいよ終盤に入り,プレセールがぼちぼちと始まったり,早いところではすでに春夏のデリバリーも始まっていると聞きます。

かく言う私は、今季は完全に予算不足の出遅れ。春夏モノどころかプレセールですら予算がなく,泣く泣くファイナルセールまで待つ状態。

というのも,今年の秋冬は洋服の補充というよりも,時計や小物類の補充に充てたからなんです。

 

特に,前々からずっと欲しかったのがアンティーク時計。今季ようやくコレと思えるショップとスタッフさんと時計に出会い,ようやく補充することができました!

 

その補充した時計がこちら。

1960年代のオメガシーマスター。この時計に決めた理由は主に,

1 普段使いにちょうど良いサイズ感(34mmケース)の薄型ラウンド(丸型)モデル。ムーブメントは定評のある自動巻きcal.562を搭載。文字盤は高級感とアンティーク感のあるシルバーであること。

2 リュウズ、裏蓋、にオメガのロゴの刻印文字盤、ケース、ムーブメント共に当時のオリジナル。そして,当時のものとしては良い状態であること。

この裏蓋のシーホースが所有欲を掻き立てられます。

3 クラシカルなフォルム、アンティークならではの退色した色味、質感がシンプルで品の良いスタイル、クラシックでありつつモダンな雰囲気を纏っ ている時計であること。

と,こんなところがこの時計をチョイスした理由です。1960年代のシーマスターの詳しいウンチクについては,ここでは割愛し,グーグル先生でお願いします。

というのは,今回,この時計を気に入って買ったというよりも,購入したお店とそのスタッフの方に惚れたため買ったというのが最も大きな理由だからなんです。

 

そもそも,アンティーク時計は,クラシックな装いが好きなら一本は欲しかった時計。実際,周りでもつけている人が多く,憧れて止まずずっと欲しいアイテムの一つでした。

 

とはいえ,アンティーク時計に関しては全く無知な私。欲しいブランドやモデルは古今東西様々あり,また,それらをイチから調べようにもあまりにも情報量が膨大すぎて取捨選択できず。さらには,販売店も多すぎて相場感もいまいちわからない私には,どのショップを選んでいいかすらも難しく,なかなかアクセスしづらい分野だったのです。

 

そんなこんなしているといつまで経ってもえらべませんよね。そのため,最初から欲しいブランドに絞る戦法に方向転換。あとは信頼できる専門店をチョイスし,その中から選ぶという方法に変えたのです。

 

まず,ブランドはどうするか。アンティーク時計の様々なリスクから,ある程度流通量があって修理やオーバーホールが気楽にできること,私がめちゃくちゃかっこいいと思っている方が身につけていたのがオメガだったことから,今回は迷わずオメガ一択でした。

ちなみに,私自身もオメガのDYNAMICというモデルを所有しており,信頼度の高さは自分の中でもお墨付き。

そうすると、あとはショップ選び。

そこで,私がチョイスしたショップが,Artigianoさんという知る人ぞ知るクラシコ系の古着屋のショップinショップ、White Kingsさんというオメガ専門のアンティーク時計ショップ。(※伺った当時は改装中だったのですが,現在はもっとモダンにアップデートされた外観になっております。)

オメガのアンティーク時計を幅広く扱うショップさんです。

場所は,東京駅は八重洲。中央口を背にして一直線で徒歩5分ほどの、オフィス街の中に佇んでおります。

そして,このWhite Kingsさんを運営している中村さんがめちゃくちゃかっこいい。

↑この方が中村さん。もともと靴の修理の職人さんでもあったことから,靴の修理から靴磨きまで対応してくれます。私もお店にお邪魔した際,今はもう手元から離れてしまったオールデンのタッセルローファーをピカピカに磨いてもらいました。

中村さん,一見すると強面でイケメンな方ですが、話をするととても気さくな方で,時計に対する思いやりだけでなく,靴や服などに対する思いやりを熱く秘めた方です。なによりも,中村さんのインスタグラムを見てもわかるとおり,写真がどれもかっこいい。私もこんなかっこよく撮れたらと思うばかり。

 

今回,数多あるアンティーク時計ショップの中から,この中村さんのセンスに惚れて選んだとショップ,と言っても過言ではないくらいです。

 

結局,アンティークの時計を買うにしても,ガチガチなアンティーク時計店でというよりも,自分の世界観をも理解してくれるショップ,それが自分の中では重要なキーワードだったのです。

 

さて,そのWhite Kingsさんの気になる時計のラインナップはこちら(※伺った10月当時の在庫のものです)。

 

 

 

 

 

 

 

どれもこれもめちゃくちゃかっこいい。今まで私が見たことないシーマスターも置いてあり,どれも欲しくなってしまいます。

一見するとそこまで量は多くはないかもしれませんが,場合によっては希望のモデルを探してくれるとのことですし,なによりもありすぎて訳がわからなくなるより,ある程度絞ってもらっていた方が却って選びやすいので十分です。だからこそ,そのショップのセンスそれ自体が重要なんですね。

 

ちなみに,このWhite Kingsさん,唯ならぬ時計店だと思うのが,大阪の阪急メンズ館にてポップアップショップを開催するほど。個人店でありながら信頼度が高い証拠ですね。

 

ちなみに,気になるプライスついても,OH済でありながら十数万円で購入することができたのも決めての一つ。時計の外装も綺麗に仕上げてくれました。

この点、アンティーク時計は状態に寄り切りだったり日々変動するので,素人の私では一概に相場を語れませんが,少なくとも自分が納得できる価格。安心できる価格だったのです。また、コンステレーションシリーズなどは,10万円をゆうに切っておりますので,私のようなアンティーク時計ビギナーにも安心できる価格設定とラインナップになっております。

 

それにしても,アンティーク時計は、値段は見極めるのは本当に難しいですよね。下手するとぼったくられかねない。だからこそ,信頼できるショップやスタッフさんからの購入に拘ったのです。

 

もちろん,アフターケアについても,小さな修理からOHまで対応してくれるとのこと。当然のことかもしれませんが重要なことですよね。

 

そんなこんなで,購入してから早くも2ヶ月ほどが経ちましたが,あまりにも使い勝手が良く、ほぼ毎日のように身につけております。画像はよかったら私のインスタグラムを覗いてみてください。

 

次狙っているオメガのアンティーク時計もまたWhite Kingsさんでお願いするつもりです。

今回は,私が買ったモノそれ自体にフォーカスというよりは,購入したショップ,スタッフさんにフォーカスしてご紹介させていただきました。

私のようなアンティークビギナーさんにも、ゴリゴリの玄人さんにも、White Kingsさん、オススメです!

ではでは、今回もありがとうございました!

 

Sponsored Link