細胞レベルで感じてる⁈新たなグレースタイル。

BLOG

みなさまもご存知の通り、コロナ禍にある中で飲食店やアパレルが大打撃を受けております。中でもブルックスブラザーズ経営破綻のニュースは驚きを隠せませんでした。

 

 


また、暇さえあればチラ見していたビームス(
Mr.BEAMS)のカタログ作成・配布終了が決定。

 

この事にもショックを隠しきれないトモクルーズです(´༎ຶД༎ຶ`)。

 

 

 

 

毎年この時期は、BEAMSが秋冬ファッションへのトレンドセットをしてくれるので、良くも悪くも秋冬へのファッションへの期待感が高まる頃ですが、それも無く今季は寂しい限り。

 

そんな状況の中、私なりに秋冬ファッションをどう楽しもうか考えてみたのですが

 

アズーロエマローネモノトーンと来たら、その中庸を行く『グレー』を上手に着る事がテーマになったら面白いかな?と細胞レベルで感じはじめました(笑)。

 

 

手前味噌ですが、個人的にはこの春夏からグレー(スーツ)に注目しておりまして。

 

 

通年着用可能なBEAMS別注パイディアのグレースーツを愛用しております。

 

このスーツ良く考えられてるなぁと。ラペル幅は9cm、ゴージ位置を絶妙なポイントに配置、サルトリアテイストを随所に感じる仕上げです。

 

 

 


しかしながら、現況はタダですらコロナショックで消費意欲が萎えがちムードでして。

 

それ故に?中々チェックジャケットを纏うテンションにもならない…。

 

そんな流れで、今のモノトーンの流れに沿う『グレー』が今期面白いのではないかと思う次第です。

 

ネイビージャケットに飽きて来た御仁ならば、「なるほどありかもね」と思って頂けるかと。

 

グレージャケットならば中に、イエロー・ピンク・パープルなどのビタミンカラーのニットを添えても結構綺麗にキマるのではないか?と思っております。

 

そんな中、『コレいいなぁ』と思ったのがBEAMSスタッフ・ブログで紹介されていたコチラ。

 

 

TAGLIATORE / 6ボタン シャークスキン ダブルブレストスーツ。

 

ラペル周りといい、ハリのあるシャークスキンといい、かなり理想に近いものを感じます。

 

今季は少し素材感があったり、遠目で見ると無地に見えるプレーントーンかつ、温かみありつつストイックに見えるシャークスキン素材系のスーツがカッコいいのではないかと。

 

 

 

⬆︎グレースーツやジャケットの提案って、よく白シャツにモノトーン系ネクタイの提案が見られますが、『なんか地味だな』と思うのは私だけ?

 

それも昨年までなら素敵と感じたかもですが…

 

 

 

 

⬆︎私ならばクレリックシャツやストライプシャツに、パープルやパネルタイを持ってきて、『ほんの少しの華やぎ』を添えたいなと思います。

 

 

 

⬆︎ジェンツのナオキさんもビンビン着ちゃう素敵な着こなしでグレーを纏っております。

 

こんな感じで提案したら、もっとグレースーツが売れると思うのは気のせいでしょうか?

 

まぁ、素人の感覚ですのであくまで秋冬への参考にして頂けると幸いに思います。今季に関しては細胞レベルで感じた『直感』で皆様も楽しんで頂けたらと。

 

…とかなんとか言って、予約したのはカジュアルアウターだけなのは内緒の話です。

 

そちらは9月入荷予定なので、その時にまたご紹介させて頂きます。

 

 

本日もブログをお読み下さり、ありがとうございました。

Sponsored Link