一生モノのチェア!!

BLOG

 

おはようございます!

 

月曜は元気に出社のすけしんです!!

 

もはや通勤は面倒かつリスキーなものになりつつありますが、通勤や通勤に至るまでのプロセスでスイッチが入るというのも個人的にはありまして、週に数回は出社をしております。(もちろんですが、用があってのことです)

 

 

シリーズ!?先週の昼メシ(笑)

久しぶりの打合せで行った、池袋はキッチンABC(定食屋)のオムカツカレーです!!

もちろん美味しいのですが・・・この組み合わせのパンチ力に胃がもたれまくったのは言うまでもありません(笑)

 

 

 

 

さて、今日も絶賛迷走中のワタシですが(笑)、夏のボーナスで前から欲しかったチェアを買いました!!

けっこう有名なアウトドアチェアなのですが、ご存じの方いらっしゃるでしょうか??

それが、Kermit Chairです!!

 

 

 

もともとバイクのツーリングで使うチェアとして考案され、それがキャンパー達の間にも広まったようです。

上の画像のように畳むこともできますし、工具なしでバラすこともでき、よりコンパクトに持ち運びすることもできます。

 

今もMade in USAに拘り、テネシーの工場で作られています。

こんな見た目ですが、約158kgの耐荷重があるそうですので、オムカツカレーを食っているような人間も安心です(笑)

 

 

 

アウトドアチェアというと、私はその軽さと携帯性ゆえにHelinoxを使っておりましたが、人間としての本能でしょうか・・・やはりこのウッドの素朴なチェアにずっと惹かれていました。

 

 

 

このチェア、以前からギアに拘るキャンパーの間ではド定番的なアイテムなのですが、皆さん色々なカスタムを楽しんでいるようです。(是非、Kermitchairのキーワードでインスタなんかを覗いてみてください)

 

最近では所謂ガレージブランドと言われる、センスの良い個人が生産・販売するアイテムも多いアウトドアギアの中でも代表的なところでは、

 

OLD MOUNTAINのGARAKUDA *画像はサイトから

このシートは名前の通り、ラクダ革とコットン(柄の部分)を合わせたもので雰囲気があって素敵です。

 

 

 

 

BACKDROP LeathersのDIA JACKET *画像はサイトから

もともとバイクの革シートのカスタムビルダーであるため、この手の武骨な革使いの製品が評判です。

 

 

正直、チェア自体もそれほど安くないのですが、カスタムパーツまで拘りだすとチェアの価格を軽く超えます(笑)

それでもやはり”一生モノ”のチェアとして皆さん愛着を持って育てている(カスタム)ようです。

今はまだどノーマルなワタシのカーミット君ですが、既に幾つかプランをしていたりします(笑)

 

 

 

 

週末は早速、近所の公園デビューをさせましたが、座り心地もいいし、やっぱり雰囲気があっていい!!

 

 

 

 

このチェアに座って静かに乾杯するのがささやかな幸せです。

 

 

Sponsored Link