初めてやってみた!!クローゼットの棚卸【後編】

BLOG

おはようございます。

 

 

在宅勤務で、いよいよUNIQLO着用率が95%を超えたであろう散財診断士です。

 

今回のコロナ禍、落ち着いた後の仕事のスタイルは勿論のこと、ライフスタイル全体が大きく変わることは間違いありませんよね…

 

 

さて前回、ジャスクロなるアプリを使い初のクローゼットの見える化をやってみたわけですが、これはこれで意外に便利な側面もあったわけです。

(ちなみに絶賛着用率NO.1のUNIQLOと、Fオリやボレッリ、バルバ等のオンスタイルで着用していたデイリーのシャツ数十枚は登録が面倒なので、もとい消耗品の扱いとして登録は見送りました)

 

 

①その服 いつクリーニングの出したのかを見える化

 

ワタクシ、たいして着用しないくせにスーツとジャケットはムダに40~50着は保有しているわけですが、全てを毎季クリーニングに出してはいないんです😂

 

理由はご承知のとおり、ロクに着てもいないのにもかかわらず、定期的にクリーニングに出してしまうことで型崩れをを防止するためなんですね~

 

 

 

 

 

 

スーツ・ジャケット毎に、いつクリーニングに出したのか、今までは記憶と感覚値でざっくりとしていましたが、このジャスクロを活用することで、より定量的にクリーニングの意思決定!を今後はしていこうと思っています😆

 

 

②その靴 いつ磨いたのかを見える化

昔はとにかく家で酒をかっくらいながら靴を磨くのが好きだったんですが、その分靴にダメージや負荷をかけてしまうことも、やっと最近分かってきたというか、千葉さん(千葉スペシャル@交通会館)に洗脳されたといいますか…😭

 

 

比較的若い靴は今でもチョクチョク磨いていますが、出番の少ない靴や初老⁉️の靴磨きは年に1、2回程度に抑えていており、とは言えやっぱり磨く頻度は感覚値だったわけです。

 

 

 

 

 

こうすることで、いつ、何のクリームを注入したのかを簡単に振り返ることができます。

 

ちなみにワタクシ、もはやポリッシュ(鏡面)はしてはいません。

 

入れるのは、ディアマントとサフィールばかり。

 

サフィールも、その時の気分で色を決めてます。

(例えば、黒靴にネイビーを入れたりとか、ミディアムブラウンの靴にマホガニーを入れたり)

 

そういう酔った勢いでの愚行もしっかりと記録に残すことができ、次回磨く際にはナニ色を注入するのかイメージを膨らませることも‼️

 

 

③累計 どれだけ服飾に銭を使ったのか、自分に対してプレッシャーをかけることができる

 

 

 

 

 

 

 

これはもはや…

 

 

当面はガチでUNIQLO一択になりそうです😂

Sponsored Link