オレの『今年1番バッグ』。Bark outsiders OLD CARRY TOTE。

BLOG

一部テレワーク化したとは言え、完全自粛が難しい専門職だもんで…毎朝じわじわと乗車率が下がっている事を感じるトモ・クルーズです。

 

はてさて、TOKYO GENTS初の別注アイテムでお世話になったBark outsiders(バークアウトサイダーズ)

 

昨年夏に初打ち合わせさせて頂いた際、ウォッチストラップも勿論なのですが、もう一品目がハートになってしまったアイテムがありまして。

 

 

それが『OLD CARRY TOTE』。

 

アメリカの某有名アウトドアブランド(〇〇ビーン)が80年代にリリースしたバッグが元ネタで、そちらはヴィンテージ市場でまともな状態の個体を見ることはほぼ不可能。

 

 

 

スエードとバケッタレザーの2種類リリースするとの事でサンプルを見せて頂きましたが、私を虜ににしたのは『スエード』。

 

…というのも元マッコイズ系の方々がバケッタレザーのカバンをよく作ってらっしゃって、私も過去に所有していたのです。

 

でも、スエードは中々見ない!!

 

サンプル見た時、『(マジ)スゲーーーー!』と思いました。

 

2020年春リリースとの事でしたので、その時点でお願いしちゃいました。

 

それが漸く、我が手元に!!

 

 

 

ザザん!!

 

とにかくヨクデキている!

 

もの凄く良いレザーのかほりで、思わず頭から被ってしまいました。

 

レザーはクロケット&ジョーンズも採用している『チャールズ・エフ・ステッド』製(ジェンツ別注のウォッチ・ストラップも同様)。

 

 

拘りは随所に。

 

バークさん曰く『オリジナルに出来るだけ近づける様、ステッチのピッチや縫い糸の太さまで拘り、ハンドル部分は手縫いし、端処理のコバは手作業で磨きをかけています

とのこと。

 

 

 

  • ジップはヴィンテージでも採用されたTALON社のスライダー、コットンテープ。
  • オリジナルには無い、仕切りある内部ポケット
  • 袋布は国内で作られているパラフィンキャンバス!

 

 

めっさ気に入っているので…桜と共に撮影しちゃいました(笑)。

 

アメカジに精通している人は、このバッグの凄さが分かるはず。

 

 

実際、このバッグを電車でガン見してくれたお兄さんがいました。

 

お兄さんに伝えたかった

 

『バークさんで419日にスエード、バケッタレザー、各種一点のみ発売する(リンクあり)」って事を。

 

 

持っているだけでテンション上がる』。

 

そんなバッグです。

 

気になった方、今週末要チェックです!

 

 

本日もブログをお読み下さり有り難うございます。

Sponsored Link