素敵な襟元❤︎。狭くて深い『カラークリップ』の世界。

BLOG

私、トモクルーズ 。基本的にテレビを見ない生活なのですが、アメトークだけは好きで見続けて来ました。結婚後、そこに加わってきたのが『マツコの知らない世界』(笑)。

 

あの番組はニッチなジャンルを彫り込んで、分かりやすく伝えてくれる文化伝承的な存在と思っております。

 

その意味で、当ジェンツブログもそんな役割を担えていたら嬉しいなと思ったり。

 

本日はそんなニッチなアイテムについて。

 

それが…

 

 

 

 

⬆︎ カラークリップ(カラーピン、カラーバー)。

 

 

シャツの襟元につけてキュッとしめ、ネクタイを持ち上げる事で独特なVゾーンを演出してくれるアイツです。

 

2年前の『非常なるカッタウェイ終了通告』後、タブカラー 、ラウンドカラー、ボタンダウンなど色々と試して来ましたが、コレが今一番しっくり来てます。

 

 

最初に買ってみたのが…

Elizabeth Parker / カラーピン

 

コレがとにかく装着し難い & すぐ壊れた。英国ブランドだけど、流石中国製⤵︎。

 

真ん中の小さな部分が帯(おび)の役割を果たし、上と下の細長い部分を止めているのですが、ココがすぐに緩みバラバラになってしまうのです。

 

 

 

 

⬆︎ 下手すると装着に3分…苦労しながら使っていたのに、結局知らない間にとれて無くしました。

 

このタイミングで、カラークリップは卒業しようかと思ったのですが、独特のVゾーンが気に入ったので他を当たる事に。

 

よくよく調べると上下独立型のしっかりとしたカラークリップ も存在するのですが、なんと、1万円!!

 

『そら、ないわな(笑)』と思っていたところ…メルカリで見つけた…というか、知る事ができたのが

 

 

 

 

 

⬆︎ SWANK(スワンク)

 

アメリカ製のビンテージ。コレがかなりシッカリ出来ておりまして。流石大味を地でいくアメリカ人用。

 

先のエリザベスパーカーが嘘みたいにサクサクハマり、しかも取れにくい!

 

 

 

 

とにかく使いやすくて、金さん銀さん揃えてよかったです。

 

 

 

 

⬆︎ 『こりゃいいや!』と、追加でシルバーも購入。ビンテージなのでプライスも2,800~3,000円。

 

 

購入時に注意したのは長さ。パッと見では分からないのですが、サイズ(横幅の長さ)があるのです。

 

 

普段ネックサイズ38の私で、(下の)挟み込みを支える方は最低でも4.8mm必要です。

 

 

 

 

⬆︎ 因みに、こんな受け側が三角になったタイプもあったり。

 

見た目は変わっていて素敵なのですが、正直装着し難い(笑)。

 

 

 

だもんで、トモクルーズ 的にオススメなのは上下独立型のこの形!!

 

 

襟元に変化や鮮度が欲しい方は是非、チャレンジしてみて下さい!

 

 

うがって否定するも良いのです。それでも、知らない世界を体験すると面白いですよ〜。

 

マツコのように。

 

生活がデラックスになるかも!?

 

 

チヴェディアーモ(また、あいましょう!)

Sponsored Link