クールビズとプリーツパンツについて

BLOG

おはようございます!

 

なおきです!

 

 

本題に入る前にお知らせがあります。

※ 3月15日木曜日 19時30分からインスタグラムライブ配信及びツイキャスライブ配信にて、東京ジェンツの動画配信を行います。いくつかのテーマについてメンバーで話合います。

詳細はまた後日ご連絡いたしますが、是非ご覧になってください!

 

 

 

さて、本格的な春に近づいて来ていることを感じさせる日が多くなりましたね!

 

春の暖かさに私の頭もボケつつも、春夏ものについてはやはり気になるところ。

 

春夏といえば、外して考えることができないのが

 

クールビズスタイル。

 

クールビズスタイルは、パンツにトップスオンリーというシンプルな装いで、秋冬に比べてパンツのウエイトが大きくなってくると思うのですが、そこで、私見ですがクールビズの主役となるパンツについて考えたいと思います。

 

 

さて、昨今のパンツのといえば、プリーツ&ベルトレス騒動?もひと段落したと思いますが、

 

このプリーツ、果たしてクールビズスタイルではどうなの??

 

ということです。

(※どちらかのアンチの話や、どっちが正しいという価値観論の話ではありませんので予めご了承くださいませ。)

 

 

私もスーツ組下は、いつも作るお店の店長さんの勧めで、下の画像のようにプリーツ入りパンツを履いておりました。

 

こんな感じで、ツープリーツでありますが、ベルトレスにはせずベルトループだけは付けております。

 

 

一方で、カジュアルパンツはピッタンピッタンのタイツよろしくノープリーツのパンツをご多分に洩れずずっと愛用してきたのですが、昨今のプリーツトレンドに乗っかって、カジュアルパンツも一昨年くらいからプリーツ入りを使い始めました。

今ある手持ちのアイテムですと、

 

こんな感じのC+のツープリーツ、ベルトループ付きだったり、

 

こんな感じのGTAのワンプリーツベルトループ付きだったり、

 

こんな感じのBERWICHのツープリーツベルトレスだったり

 

このあたりを、ノープリーツのパンツも含めて、昨年の春夏にあまり深く考えずに着用しておりました。

 

こんな風にプリーツの有る無しも含めて、色々なパターンのパンツを履いてみて、自分なりにクールビズのパンツスタイルを考えてみたのですが、

 

結論から述べますと、クールビズスタイルには、

 

ウールパンツ、コットンパンツ共にワンプリーツ又はノープリーツのベルトループ付き

 

がいいと感じました。

 

というのは、クールビズって涼しさを求めることにあって、他人から見ても涼しく見えるか?ということも必要だと思うんです。

 

この点、プリーツが入ると股から太腿の渡りがどうしても太く見えるというか、膨らんで見えるかスッキリとして見えず暑苦しく感じでしまうんです。

 

 

ちなみに、さっきのBERWICHのパンツ

 

 

昨年インスタでアップしたオフの日のコーディネートです。

 

 

これはデフォで七分丈で、色も明るいグレーなので、一見すると涼しげに見えるかもしれませんが、これがノークッションくらいの丈で履いたとしたらなんだかやたらモッサリと見えて涼しげに見えません  汗

 

では、涼しげを狙ってオンの全てのパンツをこの七分丈の長さにするというのは、流石にやり過ぎてしまいます。というか普通の会社では普通無理ですよね。汗

 

ジャケットを羽織ってみたスタイルがこちら。

 

これ自体はオフの日のスタイルなんですが、それを差し置いても、やっぱりなんか腿の周りがスッキリ見えないですよね。ライトグレーの色と丈の長さに救われているだけというか。汗

 

 

さらに、C+の場合こちら。

­

私の脚が短いのもそうなのですが、これはちょっと股上も浅く、細身のシルエットなんですが、やっぱりプリーツがあるためか股の周りがスッキリ見えません。

 

というと、少なくともツープリーツまでは必要で無いのでは?という疑問が湧いてくるわけです。

 

このあたり、パンツのシルエットととも関わって
くるので一概に言えませんが、プリーツの醍醐味は、股上深く渡りをゆったりと、裾にかけてテーパードさせて行くことにあるんだと解釈しています。

 

クールビズのパンツスタイルでそのゆったりシルエット考えると、秋冬ならいいと思うのですが、夏はシルエットも含めてスッキリとした方がクールビズに合ってるように思えます。

 

ちなみに、上の画像のウールパンツでツープリーツのものでジャケットした画像がこちら。

プリーツ特に見えません。汗

ダブルのジャケットでフロントボタンを閉じているせいもあるかとは思います。

 

なおのこと、プリーツパンツを着用する意味を感じません。 汗

 

ただ、シングルのジャケットで、フロントボタンを開けて着たらそれなりにプリーツパンツが見えるので、それはそれでありかも知れません。

 

そして、ノープリーツパンツのスタイルがこちら。

 

シルエットはさすがに細過ぎてこれはもうNGですが、ノープリーツの方が個人的には股上がスッキリして見えて、クールビズスタイルには合っているように思えます。

 

もちろん、プリーツパンツを履きたい気分は個人的にありますので、次回にそのあたりシルエットも含めてバランスというか、按配というか、もうちょっと深く検討してみたいと思います。また、プリーツパンツにするとしてベルトレスか、ループ付きか、についても検討してみたいと思います。

 

 

個人的にはプリーツの有る無しにこだわるよりも、棲み分けとして考えて行くことが大切だと思っております。

 

 

 

プリーツがあるとよく見える、無い方がよく見える。

 

 

プリーツの有る無しをどう生かすか。

 

そんなことも考えるのもまた面白いです。

 

今回もありがとうございました!また次回よろしくお願いします!

 

 

 

 

Sponsored Link