すけしーん的 最強コート2019。カルーゾ、カッコいいんだゾ!

BLOG

 

新年明けましておめでとうございますっ!!

 

年末から飲み続けており、この記事の作成中もモチロン酒が入っているすけしんです(笑)。

 

 

クラシック回帰が打ち出されてから(厳密にはファッションの動向自体がそんなムードになって来てから)は、ビンテージや定番、レトロまで行かないシックな物に注目が行くようになりました。

 

 

これは何を意味するかというと、『結局、定番は強い』と言うこと。今までなかった新しい色柄や作りは目が行くものの、色褪せるのもまた早い・・・。

 

 

そんな定番に『絶妙な現代エッセンス』が注入された最強コートをめっけたのでご紹介。

 

 

それが・・・

 

 

 

 

CARUSO (カルーゾ)/ BEAMS 別注 キャバルリーツイル 6ボタンダブルブレストコート。

 

 

特筆すべき一つは、絶妙なトーンの『ブラウン 』 。

 

 

これ以上明るいとコーデやシーンを選ぶようになるし、これ以上暗いと別にブラウンである必要があまりなくなる…。

 

 

そう言った理由で、ココまでクラシックムードかつ、絶妙トーンのブラウンのコートはこれまで中々見ませんでした。

 

 

 

 

過去、ブラウン部門ではラティーノに刺さるモノが幾つかありました。

 

 

私はプライス(←この問題がデカイ(笑))&素材感やシルエットに手が出ませんでした。

 

 

それでもやっぱし、ブラウンのクラシックなコートが恋しくて。そんな私に年の瀬の2018冬、舞い降りたのが当該カルーゾでした。

 

この1958年創業のパルマ老舗の逸品は、前から見てもカッコいいのですが・・・後ろから見てもカッコいいんだゾ。

 

 

 

 

深いインバーテッド・プリーツが超絶エレガンテ!

クラシックなディテールは採用され、肩パットを抜き、膝下丈の裾が別注ポイントかと思います。

 

あとですね、生地感が高級感あって素晴らしいのです! ホント是非実物を見て頂きたいっ!

 

 

それで持って、着用するとですねぇ・・・ゆとりを感じるエレガントさが炸裂するわけです。

 

 

歩く度になびくドレープ感、ちゃんと立つ襟、ターンナップカフ・・・これぞ、煮詰まったクラシック回帰の最終奥義(笑)。

 

 

 

 

『カルーゾ、カッコいいゾ!』と、ビンビンきておるワケです!

 

 

こんな素敵なコートがなんと、セール対象!

 

 

 

 

オンスタイルにもバッチリ❤︎

 

ジャケットの濃淡関係なくハマってくれます!

 

 

カジュアルにだって、ごっつええ感じ(笑)

 

 

気になった方は是非、ビームス で『カルーゾ、カッコいいゾ』を体験してみて下さいませ。

 

 

自前お年玉で買っちゃいましょ!!

 

 

というわけで、先日トモクルーズ氏が購入した生地違いのカルーゾ!

 

事前相談なしで、ワタクシも狙っていたのがこのコートでした!!

 

勝手にトモ氏のブログプラットフォームを流用するのも事前相談なしな訳で・・・

 

怒られる前に・・・

 

チヴェディアーモ(また、あいましょう!)

 

 

Sponsored Link