トモクルーズ的 最強コート2018。カルーゾ、カッコいいんだゾ!

BLOG

メリークリスマス!

 

今夜、息子にクリスマスプレゼントを上げる時にどんな表情をするかが楽しみなトモ・クルーズです(笑)。

 

 

クラシック回帰が打ち出されてから(厳密にはファッションの動向自体がそんなムードになって来てから)は、ビンテージや定番、レトロまで行かないシックな物に注目が行くようになりました。

 

 

これは何を意味するかというと、『結局、定番は強い』と言うこと。今までなかった新しい色柄や作りは目が行くものの、色褪せるのもまた早い…。

 

 

そんな定番に『絶妙な現代エッセンス』が注入された最強コートをめっけたのでご紹介。

 

 

それが…

 

 

 

 

CARUSO (カルーゾ)/ BEAMS 別注 ハウンドトゥース 6ボタンダブルブレストコート。

 

 

特筆すべき一つは、絶妙サイズの『千鳥柄 』 。

 

 

これ以上デカいと絶対いつか着れなくなるし、これ以上小さいと別に千鳥柄である必要があまりなくなる…。

 

 

そう言った理由で、ココまでクラシックムードかつ、定番サイズの千鳥柄のコートはこれまで中々見ませんでした。

 

 

 

 

過去、千鳥柄部門で超絶カッコよかったのが、ラティーノやピオンポ。しかし、それらも千鳥柄がデカい。

 

 

私はプライス(←この問題がデカイ(笑))&柄の大きさに手が出ませんでした。

 

 

それでもやっぱし、ブラウンベースの千鳥柄が恋しくて。そんな私に2018冬、舞い降りたのが当該カルーゾでした。

 

 

こちらは取り扱い店舗が限定されているため、B好きでも実物を見た事がない方もいらっしゃるかと思います。

 

 

私もBブログで見て、取扱店舗外に取り寄せて貰いました。

 

 

初めて袖を通した時、『初めから決めてました❤︎』とか思ってしまう程ええ感じ。

 

 

 

 

流石、1958年創業のパルマ老舗の逸品です。

 

こちら前から見てもカッコいいのですが…後ろから見てもカッコいいんだゾ。

 

 

 

(⬆︎後ろ姿。自力では撮れないのでお借りしました)

深いインバーテッド・プリーツが超絶エレガンテ!

クラシックなディテールは採用され、肩パットを抜き、膝下丈の裾が別注ポイントかと思います。

 

あとですね、生地感が高級感あって素晴らしいのです! ホント是非実物を見て頂きたいっ!

 

 

それで持って、着用するとですねぇ…ゆとりを感じるエレガントさが炸裂するわけです。

 

 

歩く度になびくドレープ感、ちゃんと立つ襟、ターンナップカフ…これぞ、煮詰まったクラシック回帰の最終奥義(笑)。

 

 

 

 

『カルーゾ、カッコいいゾ!』と、ビンビンきておるワケです!

 

 

こんな素敵なコートがなんと、優待セール対象!

 

 

 

 

オンスタイルにもバッチリ❤︎

 

茶系ジャケットには問題なくハマってくれます!

 

 

 

 

カジュアルにだって、ごっつええ感じ(笑)

 

 

気になった方は是非、ビームス で『カルーゾ、カッコいいゾ』を体験してみて下さいませ。

 

 

自前サンタにて、セルフプレゼント発動しちゃいましょ!!

 

 

チヴェディアーモ(また、あいましょう!)

 

 

Sponsored Link