Ref.16550 ROLEX エクスプローラーII

BLOG

こんにちは、KOUSEI です。

3月末〜4月中は仕事が忙しくサボっておりましたが(^_^;)

また、再開しますので、宜しくお願いします。

 

 

久々のネタは…

連投ですが、購入した時計のご紹介を。

 

 

タイトルで分かりますが(笑)

ロレックスのエクスプローラーIIというモデルです。

ロレックスと言えば、エクスプローラーIが有名かと思いますが、エクスプローラーIIも流通量は多いモデルのため、一度は目にした事があるかと思います。

 

では、早速。

 

 

今回購入したのは、エクスプローラーIIの中でも、2代目となるRef.16550です。

 

①Ref.1655  (1971年〜1987年)

②Ref.16550  (1884〜1988年?)←これ

③Ref.16570  (1991年〜2011年)

④Ref.216570  (2011年〜 ※現行モデル) 

 

Ref.16550の製造期間は2年間では?諸説ありますが、上記の通り短命モデルのため、市場ではあまり出回らないモデルです。

 

搭載されたムーブメント(機械)は違いますが、②と③の見た目は、ほぼ同じです(^_^;)

 

↓Ref.16570③

 

↓Ref.16550② ※購入モデル

 

ぱっと見の見た目の違いはというと…

・ベゼル数字の彫り込み。太くて濃い。

・数字が角ばっている。1や6がわかり易いかと。

・夜光がトリチウム

※ブレス等の仕様も異なります

 

正直、マニアな方以外には違いが分からないかと思います(笑)

 

 

では、何故購入したかというと…

実物でしか分からないのですが、「白文字盤」の雰囲気に尽きます。

 

実は、今回購入した個体は、白文字盤が経年変化で若干クリーム色に変色しています。

※通称アイボリーダイヤル

 

↓自然光だとわかり易いかと

 

焼けたトリチウムのインデックス、薄っらクリーム色の文字盤と武骨なベゼルの彫り込みのコントラストが絶妙な雰囲気を醸し出します。

また、16550の白文字盤は、陶器のような独特の艶感があり、美しくて見飽きないオーラがあります。

完全に自己満足の世界です(笑)

 

 

↓手持ちのGMTマスター(Ref.16750)と比較すると、厚みも違います。

※右が16550

 

エイジングによる個体差、製造時の部品変更等に伴うレア仕様の数々…

全く同じ個体は存在しないため、ヴィンテージのデニムを探す感覚に似ています(^ ^)

 

 

過去にも幾つか時計を購入してきましたが、旧式時計はオンリーワンのため、愛着が深く、完全にハマっております(^_^;)

数多く所有できるものでは無いですが、今後も運命の出会いがあれば…(笑)

 

探すのも、所有するのも癖になるので…

手持ちの時計に飽きた方は、是非見てみるだけでも!

 

個人的には、実用性と雰囲気のバランスが取れた、リファレンスナンバー5桁の(セミ)ヴィンテージのロレックスが入門編としてはオススメです。

 

 

※※※緊急告知※※※

最後に、お知らせです!!

明日、5月6日(日)は、blogを更新予定です。

通常の更新とは違い、明日はゲストブロガーが登場致します!

まだ内緒ですが…(笑)

「レジェンド・ブロガー」が登場しますので、是非明日の更新もご覧ください!!

 

それでは、また。

 

 

 

 

Sponsored Link