PATAGONIA パタゴニア シンチラスナップT 80’s

BLOG

こんにちは、KOUSEI です。

 

昨年から探していたアイテムですが…
約1年越しでGETできましたのでご紹介を。

タイトルからも分かるように(笑)
Patagonia のフリースです。

 

 

早速ですが…

◆パタゴニア シンチラスナップT

 

 

多種あるフリースの中でも、こちらはプルオーバータイプとなります。

 

 

キムタク主演のドラマ ビューティフルライフでキムタクが着用した事でご存知の方も多いかもしれません。。

 

 

⤴︎の配色は未だに高値で取り引きされているようです(^_^;)

 

 

パタゴニアの定番商品でもあり、現行でも多種の配色が展開されていますが…

 

私が探していたのは、80’sに生産されたオールドパタゴニア。

 

◆現行モデル

 

◆80’sモデル(今回購入)

 

袖付けの違い等、ディテールの違いは多数ありますが、見た目の大きな違いは…

●胸のロゴ下のフラップポケットの有無

●ナイロンの前立て

 

諸説ありますが、フラップ無しは-1989年頃迄で、ナイロン前立ては-1992年頃迄のディテールとなります。

 

 

フラップポケットの有無でも印象が異なりますが…

個人的に好きなディテールが前立てです。

 

◆前立て比較

(現行)

 

(80’s)

 

鮮やかな配色のフリースとナイロンの組み合わせが、アクセントとなります。

細かいですが、ボタンの大きさも若干異なります(笑)

 

 

因みに、年代の見分け方としては、首元のタグで見分けるのが手っ取り早いです。

 

 

⤴︎所謂、三角タグと言われ、オールドパタゴニアの分かり易いディテールです。

 

1985-1987年の生産モデルは、Patagoniaのロゴ下に MADE IN USA の表記がありますが、こちらは無いタイプです。

 

1988年の約一年間は、MADE IN USA 表記無しで生産されていますので、今回購入したものは、1988年の生産品と推察されます(笑)

 

 

 

タイミング良く肌寒い気候となりましたので、早速デビューさせました。

 

鮮やかなブルーと赤のパイピングが、現行モデルにはない美しさかと思います。

また、現行モデルと違い、身幅や袖がタイトな作りのため、アウトドア感が出過ぎないのも個人的には大きなポイントです。

 

 

アウターにもインナーにも使え、意外と重宝しますので、今季の秋冬にはアクセントとして使い倒す予定です(笑)

 

あまりニーズの無いネタにお付き合い頂き、ありがとうございましたm(__)m

 

それでは、また。

 

 

 

Sponsored Link