ウソをつきました【俺のクールビズ2018編②】

BLOG

おはようございます。

松木安太郎のサッカーの解説と、高田延彦のRIZINの解説がカブって仕方がない散財診断士です。
2人の解説に共通することは、技術論がとにかくテキ○ーで…
やめておきましょう(笑)
さて、先日のブログにて俺のクールビズ2018編と称して、ニットポロ一択と謳いましたが…
アレは真っ赤なウソです(笑)
ユニスメドレーを筆頭に、本家スメドレー、ドルモア、ラコステ、クルチアーニなどを確かに着用していますが、決してポロシャツ一択ではありません。

茹だるような暑さとなる7月以降、ニットポロの単独着用率はかなり高まるとは思いますが、アポのお相手の業種や役職によってはやはり半袖ニットポロだと抵抗がある時も…^^;

そんなオンスタイルに、ニットポロ以外に何をヘビロテしているかといいますと…
麻シャツです。
……
……

まあフツーですね^^;

バルバ男前、ラティーノ、ボレッリ、ビームスエフオリジナルなどを着用しながら、ユニスメドレー同様に毎季麻シャツを補強。
つい先日もネイビーのアルビニのブリッラを逝っときましたが、今季のブリッラの麻シャツ…
来季以降も、ガチでこの価格でヤリますか!っていうくらいのコストパフォーマンスの高さです。
今のうちに、色違いを追加購入しようと思っていたら何やらメルマガが…
その昔、試しに購入したカミチャニスタからでした。
カミチャニスタと言えば、あのストラスブルゴを展開しているリデアが運営している格安シャツブランド。
カミチャニスタ、リデア色を極力出さないようにしていると感じるのはワタクシだけでしょうか(笑)
そしてリンク先のシークレットセールを覗いてみると…
リネンでは有名なハードマンズ生地を使ったシャツが半額ということで、取り敢えず2枚購入してみました。(画像の価格はSALE終了後)
カミチャニスタのワイドカラー、嫌いではありません。
以前にも書きましたが、極度の貧乏性のワタクシ。
汗で劣化が速い夏物にはまずお金をかけません。
(この季節は、お洒落よりコストや機能性を優先します)
50%オフで1枚3千円チョイであれば、消耗品と捉えても十分満足です。
カミチャニスタの袖って後付けだったんですよね~
記憶が正しければカミチャニスタは確か中国製、下半身のUNIQLOはベトナム、ユニスメドレーも含めてワタクシのクールビズはもはやアジア多国籍軍、クラシコを語る資格は毛頭ございません(笑)

Sponsored Link