春のカジュアルアウターはTraditinal Weatherwear (STORMSEAL)のマウンテンパーカーで楽しむ。

BLOG

おはようございます!

 

なおきです。

 

花粉症で悩まされるこの時期。いつも飲む薬が効かないほど、今年はむごい症状に悩まされております。。。

 

さて、そんな花粉症の悩みと同時に、例年のこの時期の悩みの一つがスプリングアウター。

 

例年、必要性や予算、モデルなどなど、右往左往しているうちにシーズンもあっという間に終わって買い逃してしまうんです。

 

やっぱり、春には春らしいアウターを羽織りたa い。そんなこんなで去年から狙っていたのが、

マウンテンパーカー

 

ここ数年、◯◯ミックスなどのミックススタイルで、ドレスアイテムにマウンテンパーカーを取り入れるスタイルを見かけることも多くなりました。汎用性や着る人を選ばないのは言わずもがな。アウターでは定番中の定番アイテムですね。

 

私の場合、ここ最近は、襟を立ててピシッと着るような肩肘張って着るアウターばかりチョイスしていたので、マウンテンパーカーのように抜けた感じで着られるアウターが今の私のフィーリングに完全にマッチしたんです。

 

 

そして、チョイスしたブランドは、

Traditional WeatherwearTWW

※画像はブランドサイトからお借りしました。

この点、マウンテンパーカーであればアウトドアブランドのものが間違いないのですが、私の場合、アウトドアファッションに強い訳でもなく、その振り幅やノウハウも持っておらず。。。

 

ですので、本格的なアウトドアブランドのモノは今回は避け、自分のワードローブのラインナップからも綺麗目に振れるマウンテンパーカーを探していたんです。

 

また、アウトドアブランドのモノの場合、ブランドロゴが全面に出てきてしまうモノが多く、信頼性の証でもある反面、カジュアルに寄りすぎて見えるので今回はパス。

 

そんな中でチョイスしたのがこのTWW。言わずと知れた、Mackintosh の流れを受け継いだファミリーブランド。

 

Mackintoshの持つ綺麗でシンプルなスタイル、ベーシックだけれど上質、という系譜を受け継ぎつながら、カジュアルアイテムが充実したイメージのブランドです。

 

何よりも惚れたのがこのシルエット。

 

マッキントッシュのゴム引きコートの流れを汲んで、ボンディング加工(裏地と表地の間に透湿防水フィルムが挟み込んで貼り合わされている。)されたパリッと張りのある生地がゴム引きコートのように綺麗なシルエットを保ちつつ、各所にマウンテンパーカー(イギリスではクライマージャケットと呼ばれているそうです。)のディテールがうまく取り入れられているので、

 

綺麗目とカジュアルのバランスが丁度良く感じる

ところに一番惹かれました。

 

マウンテンパーカーのクタッとした雰囲気もカッコいいのですが、私の持ってる服がドレス寄りの服ばかりなので、これくらいのバランスだと綺麗目のデニムやウールパンツなどにも合わせやすく、タウンユースで使うにはこれくらいが丁度いいんです。

 

そして随所に垣間見えるディティール。

 

 

全ての縫い目の裏に防水シールがシーリングされており、ボンディング生地ととも防水性に一役買ってくれていますので、雨の日にもガンガン使えそうなので有難いです。

 

そして裾には、

ゴム引きコートのゴムテープのようにサテンテープが貼られており、ネイビーの表地に対して朱色のサテンテープがアクセントになっているところも普段は見えないところですが、着る時のテンションを上げてくれます。(笑)

 

あとは、かなり細かい話になりますが、ジッパーにYKKを使っていること。

ダブルジッパーの場合なんですが、実は前にイタリアもののダウンで、このジッパーの使い勝手が悪く不便な思いをしたことがあり。その反面、別のイタリアもののダウンのジッパーにはYKKが。アバウトな感じに引っ掛けても開け閉めがスムーズでノンストスレスなんです。

 

それからというもの、ダブルジッパーのモノはこのYKKに高い信頼を置いています。

 

 

ところで、このマウンテンパーカー、TWWの中の『STORMSEAL』というシリーズのモノ。

ブランドサイトの説明によると、STORMSEALとは、Mackintoshが80年代にイタリア向けに展開していたブランド名で、どうやら商標の問題でMackintoshと使えなかったそうで、それを復刻させたものとのことです。

 

その名のとおり、嵐を遮るという意味が込められているとのことで、シーリングやボンディングのディテールにそのコンセプトが現れていますね。そんな小ネタも結構好きだったりします。(笑)

 

ちなみに、このSTORMSEALのシリーズ、マウンテンパーカーの他にもステンカラーコートなどのベーシックなアイテムでの展開もありブランドの力の入れようも伝わってきます。

 

 

あとは決め手になったのがこの色彩。

 

ネイビーでも暗過ぎず明る過ぎず。

春先にとっても映えるネイビーでありながら、インナーやボトムスの色も選ばない、発色の綺麗なネイビーに惹かれました。こういう色味の巧さはTWWならではだなぁと感じます。

 

コーディネートはまだまだこれからですが、とりあえずデニムスラックスに合わせたコーディネートがこちら。

クロケットのホワイトバックスとの相性も気に入っております。

 

もう少し暖かくなったらSSもののジャケットやウールパンツなどのドレスアイテムともうまく合わせられたらいいなと思っています。

 

装い軽くなる春先は、肩肘張らずラフにガンガン着られるアウターが個人的には好きなんです。それでいてキチンと感も出ていて、機能面も申し分無し。

 

あとは、価格面では本家に比べたら半値程度なので手も出しやすかったです。春アウターは仕様頻度が限られるので助かります。

 

久々に購入したスプリングアウターとして、TWWのマウンテンパーカー。満足した一着をゲットできたと思っています。

 

 

ではでは、今回もありがとうございました!!

Sponsored Link