ジャケット熱カムバック! FOX BROTEHERS 「JOURNEY」(お得情報あり)

未分類

おはようございます。

 

なおきです。

 

タイトルからは、いわゆるトレンド的にという話ではなく,私個人的な意味ですのでよろしくお願いします。

 

昔からチェックジャケットが大好物の私。しかし、ここ最近はさすがに食傷気味で、新しいチェック柄を見てもあまり心が踊ることはありませんでした。というのも、新しいチェックの生地を見ても結局そんなに他と大差なく見えてしまうからなんです。

そんなことから、しばらくは無地で楽しもうなんて思っていた矢先、久々に度肝を抜かれたヤツが現れてしまいました。

 

それがこちら。

 

 

FOX BROTHERSが今季にニューリリースしたジャケットバンチ「JOURNEY」

 

前置きをしておきますと,FOX BROTHERS(以下「フォックス」と書きます。),フランネルと言えばフォックスと言われるくらい,どちらかと言うと秋冬の生地のイメージ。春夏の生地のラインナップは弱く、せっかく良い生地ブランドなのに春夏にチョイスできないのが残念でした。

 

ところがそんなフォックス、ここ数年で既存のほとんどのバンチブックを一新し、その勢いに乗りいよいよ昨年の春夏に、春夏モノの生地バンチをリリースしてきたのです。

 

それが、こちら。

 

 

「GOLDEN FOX」と「FOX AIR」

もうすでにオーダーした方もいらっしゃるかと思います。

 

「GOLDEN FOX」は春夏のスーツバンチ。名前に「黄金」を冠してしまうんですからすごい自信ですよね。実際,生地の内容も半端ないです。派手さは全くないのですが,生地のハリコシ抜群。控え目な色使いで艶はない分ビジネス使いではもってこいの生地。一見ありがちな色柄の生地なんですが,どこか違う。

 

ざっとですが,こんな感じです。めちゃくちゃ作りたいんですが、ちょっと高いので私はまだ作れていません。。。(泣)

 

そして「FOX AIR」は春夏のジャケットバンチ。名前にあるとおり,生地は平織りの軽やかな感じ。GOLDEN FOXと同じように,色は控え目ながら柄はチェックを多用。同じチェック柄でも,コントラストが強く,どうだと言わんばかりの太いペーンの入ったイタリア生地とも野暮ったいイギリスのチェックとも違う,どことなく洗練された雰囲気。

 

こんな感じで無地やチェックを網羅的にラインナップ。

※最後の6枚はFOX BROTERESの本国サイトからの借り物です。

 

GOLDENとAIR。この二本立ては,同価格帯の他の生地ブランドと比較にならないほどの素晴らしいクオリティで,スーツ生地もジャケット生地も死角なし。さすがのフォックスもこれで春夏生地は終了し、私も今年このバンチからジャケットを作ろうと思っていたのです。

しかし、その予想を見事に裏切ってくれました。

それが,度肝を抜かれたと冒頭にご紹介した「JOURNEY」シリーズ。

 

それにしても,これらのバンチをいち早くラインナップする生地商社のマルキシさん。フォックスとの信頼関係が本当に熱いですね。

 

さて,散々前置きしておきながら肝心の生地はというと,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と,こんな感じのラインナップ。チェックに特化してますね。

 

生地商社のマルキシさんのサイトによると,

「ハイツイストヤーン使いでざっくり織り上げられた、新感覚のジャケット地が名門フォックスブラザーズから登場。ドレスアップ、ダウンが思いのままの汎用性の高さと、トラベルシーンで活躍する防シワ性、回復力で春夏シーズンの「新定番」の呼び声高い逸品生地です。」

とのこと。

色使いにしても柄の使い方にしても生地の触り心地にしても,本当に新感覚なんです。

生地は平織りで,ウエイトは280・315g/m。スペックだけ見ると春夏には重く感じてしまいそうですが,触るとシャリ感とトロトロ感がバランスよく表現された生地で,ハイツイストの生地は大抵シャリシャリ感で清涼感を感じるのですが,この生地は少しトロっとした独特の触り心地。まさに新感覚。

 

この点,AIRも同スペックのハイツイスト生地で,ハリコシも強いんですが、ハリソンズやフレスコを謳う他の生地にもありそうな感じなんです。

しかし、このJOURNEY。ハイツイストとはいえ,それらとはまた一味違う味付け。チェックの雰囲気も今でなかなか見ない感じで、あえてAIRと同様のスペックで別のバンチをリリースしてきた理由が分かります。

 

それにしても最近のフォックスのバンチ,バンチブックの中で使う糸の色を限定して,柄だけを変化させているせいか,全体的に統一感が生まれて生地自体も見やすいし,洗練されて見えるバンチが多い気がします。

 

そんなこんなで、脳天を打ち抜かれた私、速攻でゴーサイン。

 

そして悩みに悩んで選んだ生地が,こちら。

 

最後の最後までベージュ系とブラウン系で悩んだのですが,今季の私の課題がネイビー補完計画。

しばらくベージュやブラウンのアイテムばかり揃えて,ネイビーから遠ざかっていたこともあり,今回はネイビーをチョイス。久々にネイビー中心のコーディネートを考えるとワクワクしてきます。

 

さて,実はこの「JOURNEY」シリーズ。私のホーム店の一つでもある,Sato Tailor代々木店のブログにもあるとおり,3月12日から3月30日までの期間限定のフェア価格とのこと。

 

肝心のフェアの内容は,

通常価格8万円(税別)が,フェア価格6万8000円(税別)

※1 上記はJK代。総毛芯,台場仕立て,本切羽,AMFステッチ,キュプラ裏地,本水牛・本ナットは,オプションによるアップチャーはなく、すべてデフォルト。

※2 詳しくは,代々木店の瀧店長までお願いします。

 

同じ価格帯の先ほどのFOX AIRで、一般的なパターンオーダー等のお店の相場が大体10万円超え(ファクトリーや仕立て等が違えば一概に比較できませんが。)なんで,半額近い金額ですね。

 

それに、まだまだ既製品でもやっているところを見かけないので,人と被りたくない方にはオススメ。

 

ちなみに,こちらのSato Tailor, 銀座店から含めるともう10年近いお付き合い。総毛芯仕立てで、無用なオプション料金もかからない,良心的なファクトリー直営のテーラーさん。もちろん,本格的な仕立てのサルトリアやテーラーとは違い,いわゆるファクトリーオーダーですが,私のような一般のサラリーマンが普段使いするには十分なクオリティーなんです。

 

某セレクトショップや某百貨店等のOEMを受けているだけあって,拘った毛芯でしっかりとした作りでありながら,料金も他と比べて良心的。本切羽等のオプション代も掛からないワンプライス設定なので,安心して生地選びに専念できるのが、長年使い続けている理由なんです。

 

今回,私がJOURNEYで作ることもありますが,いつもお世話になっていることもあり,この場をお借りして番宣も含めて書かせていただきました。それにしても,宣伝抜きにして本当に良い生地なので,気に入った柄があれば本当にお得だと思います。

 

なお,このバンチブックはSato Tailor でも扱いは代々木店のみとのこと。気になる方は是非問い合わせをしてみてくさい。

 

 

 それでは、今回もありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link