侮るなかれ!低価格衣類スチーマー!!

BLOG

おはようございます。

 

 

なおきです。

 

 

11月も後半に入り寒さも一段と増してきましたね。それと同時に、重ね着の機会もだんだんと増えてきますね。

 

 

これからの時期に悩まされるのが衣類のシワ。

 

 

秋冬は素材感ある衣類を楽しめる分、素材感ゆえのシワになりやすさ、との闘いでもあります。

 

 

例えば、こんな感じで、フランネルパンツなんかだと股はシワが入ることが多く。

このように股の部分が髭のようになったりして、掛けておくだけではなかなか取れないシワなんです。

 

 

これがパンツのクリースやら両サイドならガンガンアイロンを当てられるのですが、ここの股下、私の下手もあってかなかなかアイロンを当てづらいんです。

 

 

また、ハイゲージ系ニットなんかもたたみジワなどができやすく、着た時に困った方も多いのではないでしょうか?

 

 

また、ウールタイやマフラーなんかのように、アイロンまでかけてしまうと風合いまで損なってしまう、だけどシワを伸ばしたい、なんていう経験もあります。

 

 

私もT-FALのスチームアイロンを使っていますが、

メンバーのトモクルーズもおススメのT-fal。

アイロン掛けの際のスチーム力は申し分無いのですが、スチーマー限定で使うにはちょっと重くて使い勝手が良く無いんです。

 

 

そんな時に役に立つのがハンディーな

 

 

衣類スチーマー

 

 

実は前に重宝していた、Panasonic製のものが2年越しで壊れてしまい買い換えを検討していたんです。

画像はAmazonさんより

 

 

このPanasonicのもの、元々は仲良くさせて頂いているインスタグラマーの方から教えてもらって、即買いしたアイテム。仕様も申し分なく、デザインもモダンで使い勝手と所有欲を同時に満たしてくれるスチーマーだったので、同じものを再購入しようかと思っていました。

 

 

しかし、モノが良い分価格もそれなり。今回はなるべくなら出費を抑えたいところ。予算はできれば4000円前後で検討。

 

 

となればいつも私がプライムビデオの視聴でお世話になっているAmazon。

 

 

「衣類スチーマー」で検索すると超安価なものから高価なものまで何が何やらたくさん出てきます。

 

 

今回は価格重視なので検索条件で値段を下げると、聞いたことが無いメーカーばかり。

 

 

以外とこういうメーカーのモノって極端で、限度を知らないっていうか、パワーが強ければいいだろ!みたいなノリで、デザインや細かい機能は無視した、目的を特化すればスペックだけはやたら高いものが多い気がします。

 

 

今回の条件として、価格以外には、

・スチーム力が強力で持続性が高い

・持ちやすそう

この点だけに絞って検討しました。

 

 

普段はあまり参考にしませんが、この条件に合う口コミの良さでソートをかけてみると、上位に出てきたのがこちら

画像はAmazonさんより

“Pexfix スチームアイロン”

見るからに高そうには見えませんし、全く聞いたことないメーカーです。笑

 

 

果たして電化製品メーカーなのか生活用品メーカーなのかも不明です。

 

 

とりあえず、口コミも良さげで比較的安価ということとポイントで半額くらいになったのでモノは試し。とりあえずポチッと。

 

 

物流業界の物議を醸しておりますが、基本的に翌日配送されるのがAmazonの強み。

 

 

翌日には無事に我が家に到着。

 

 

付属品でテレンプと簡易なブラシもついていますが気休め程度かと。

 

 

さて、早速使ってみた感想。

 

 

実際、レビューの評価通り、スチーム力に問題なし!

 

 

ブシュー!っと一気に出るスチームと違ってジワッ〜と出てくるスチームが衣類にも優しい感じ。範囲も広範囲に渡って出てきますので一度に大きい面積にスチームを当てられます。

 

 

また、固定スイッチがあるのでボタンを押し続けるストレスがなくシワ伸ばしに集中できるのも◎

 

 

スイッチオンからのスチームの立ち上がりは、商品説明では10秒とありますが、実際はその倍くらいはかかる気がします。と言っても許容範囲内です。

 

重さはPanasonicのものと比べると実際重いですが、比較的持ちやすい構造のせいかあまり気になりません。

 

 

 

実際にスチームかけたみたビフォアアフターがこんな感じです。

 

 

パンツの股裏

ビフォアー

先程も説明しましたが、髭シワが入っていますね。

 

アフター

分かりづらいかもしれませんが髭がなくなっているのが分かりますでしょうか。

 

 

次にネクタイ

ノットの結びジワですね。リネンネクタイなどに発生しやすい気がしますがこちらも、ビフォアー

 

 

アフター

スッキリと伸びたのが分かりますでしょうか。

 

 

と、こんな感じで、所要時間はどっちもだいたい1、2分程度で伸びました。

 

 

マフラーやニット類ならこの後軽くブラッシングすれば完璧だと思います。

 

 

アイロンを当ててしまうとプレスしてしまうことになるので、プレスせずにシワ伸ばししたい場合にはとっても便利です。

 

 

と、満足してこの記事を書きながらもう一度Amazonを振り返ってみると、メーカー名が違うだけで同じモノが千円弱ほど安く出品さているという。。。

※一応メーカー名と画像は控えておきます。

色々比較してみましたが同一製品かと。。。

 

 

Amazonあるあるですかね。汗

 

 

見たことのないメーカーの場合買う時は気をつけなければならないことも学びました。。。

 

 

ということで、今回はモノを買ったネタではなく、モノのメンテナンスネタでした。

 

 

各メンバーも洋服のメンテナンスにはそれぞれ一家言持っていると思うので、誰かにもその内書いて欲しいところです!

 

 

ではでは、今回もありがとうございました!

Sponsored Link