今年の秋冬はフォックスブラザーズで遊ぶ!

BLOG

おはようございます!

 

なおきです。

 

 

朝晩はだいぶ涼しくなりましたね。

 

夏の寂しさを感じると同時にそろそろ重ね着が恋しくもなってます。

 

 

まだまだ猛暑が猛威振るう8月頭に、いつもいくテーラーさんでジャケットのオーダーを済ませてきました。

 

いつもは、候補いくつか絞って、9月くらいまで粘って決めるのですが、今回は一目惚れした生地と出逢い迷うことなく即決。

 

その一目惚れした生地がこちら。

 

 

 

グリーン×ベージュ×ブラウンのコントラストのガンクラブチェックです。

 

この生地、英国はFoxBrothers(フォックスブラザーズ)の今季から展開が始まった、SOMERSET(サマセット)からの1着。

 

 

サマセット。夏っぽい名前ですが、生地は340g/370gのバリバリの秋冬仕様です。

 

 

このバンチシリーズの他のラインナップを見てみると、

 

色違いのガンクラブチェック

 

 

 

 

 

 

ウィンドーペーン

 

 

グレンプレイド

 

 

 

 

ハウンドトゥース

 

 

 

 

 

 

などなどと、これ以外にもヘリンボーンやダイヤナゴルなどもあるのですが、よく見ると一つのバンチシリーズの中で同じ色の糸だけを使って、色違い柄違いの統一性のあるラインナップで構成されています。

 

数あるバンチブックの中でもここまで統一されたバンチブックはほかに知りません。

 

このバンチブックのコンセント、ブランドサイトによると、

 

「SOMERSET JACKETING」は、現在も創業の地”West of England”のサマセットにて時間をかけて織り上げられる、柔らかく、温かいミディアムウェイトのジャケットコレクションです。ハウンドトゥース、グレンチェック、ヘリンボーンなどオーセンティックなデザインの数々は、「森の緑」や「チョコレート」、「石墨」といったナチュラルなものからインスピレーションを得たカラーで表現されています。」

 

とのこと。確かに、このカラートーンからナチュラルな雰囲気を感じるのはそのインスピレーションから来ているのかとえらく納得しました。

 

 

このナチュラルな色の感じがツイード織り過ぎない雰囲気と相まって、英国のカントリー過ぎず、イタリアの艶っぽ過ぎず、なんとも言えない絶妙な温かみを感じさせてくれるんです。

 

 

カントリーツイードのグリーン系のジャケットは数多くありますが、ここまで優しい色のグリーンは今まで見たことがありません。

 

グリーンというと、カントリーツイードに代表されるポーター&ハーディングでは、

 

 

 

 

 

ウィリアムビルだと。

こんな感じで本格的なカントリー感がプンプンしますね。

 

 

一方で色鮮やかなグリーンのツイードだと、

 

などなど、こんな感じのちょっと派手な雰囲気のものは良く見かけます。

 

これはこれでいいのですが、あんまり本格的なカントリーに振りすぎたくなかったのと、かといって、イタリアの艶っぽさからは少し離れたいと考えていたこともあり。

 

今回チョイスした生地はどっちに振ることもなく、今までに無い新たな雰囲気を感じさせてくれたのが何よりの決め手でした。

 

最初はグリーンという枠組みで、同じシリーズのウィンドーペーンと悩んだのですが、

コーディネートした時に全体的に暗くなって却って難しくなってしまいそうだなと。

 

それよりも、肌の色に近いベージュが入っている方が馴染みやすいのかなというのと、やっぱりこの絶妙な色のコンビネーションでガンクラブチェックにハマってしまい。

 

ガンクラブチェックの大きさも小さ過ぎず大き過ぎずでちょうどいい感じです。また、ウエイトも重すぎず軽過ぎず。完全にフォックスブラザーズの狙い通りにやられた気がします。

 

 

さて、よくあるのが生地単品で見ると綺麗に見えていいのですが、仕上がると思いのほかコーディネートがしづらく失敗したということです。

 

この生地も実際仕上がってみないとなんとも言えませんが、このあたりはベージュがうまく中和してくるのではと狙っております。

 

 

パンツのコーディネートとしては、ベージュのチノパンは鉄板として、このように、

 

ブラウン系のウールパンツや、

 

ベージュ系のウールパンツ

 

はたまたグレー系のウールパンツなどなど。

 

だいたいの色の相性はいいと狙っております。

 

一方で、失敗したときに予算的にかなり痛手なので少し冷や冷やしております。。。汗

 

 

トップスは、昨今の流れだとフェアアイルのニットなど出ておりますが、私にとってはかなりハードルが高くとても使いこなせる気がしません。

 

ですので、無地のタートルネックやクルーネックなどを合わせることになりそうです。

 

だとしても、今までは同系色でグリーンやベージュ、またはブラウン系のインナーで合わせるところですが、今季はマスタードイエローや、温かみのあるオレンジなどちょっと差し色を使ってみようかと思っております。

 

差し色でのコーディネートを考えて、このジャケットに合わせるため、既にウールストールも追加済みです。

 

この点、今季よく見るコーデュロイやフェアアイルニットは鉄板だと思うのですが、本格的になり過ぎてしまう気がするので、少し違う方向でこのジャケットを遊んでみたいと思います。

 

ようやくネイビーとブラウン一辺倒だったコーディネートに幅を拡げられそうです。

 

それが吉と出るか凶と出るか。。。

 

やってみなければ分かりませんが、それを考えるのもまた楽しいものです。

 

仕上がりは色々あって10月末くらいになりそうです。

 

ポーター&ハーディングやウィリアムビルのような本格的なカントリーツイードから選ぶも良し、イタリア的な雰囲気を残すカチョッポリやドラッパーズなどから選ぶも良し、今季はカントリー風のツイードジャケットの生地が豊作で選ぶのが楽しくなります。

 

 

 

ではでは、今回はこの辺で。

 

今回もありがとうございました!

 

追伸

先日私がフルオーダーを挑戦したMichele&Shin さんにて行われるイベントの情報です。

 

 

Sponsored Link