やっぱり大好きMackintosh

BLOG

おはようございます。

 

朝晩の寒さが増して本格的な秋になりましたね。いよいよアウターの季節!

 

そんなこんな私も、春モノに続きゲットしてます。

 

はい。英国はゴム引きコートで有名な

 

Mackintosh

 

私が今まで色々着たコートブランドの中で、シルエットが一番好きなブランドなんです。

 

実は6月の終わり頃に、今季秋冬のプレオーダー会が直営店で開催されているとのことで行って参りました。各サイズ一着しかないモノもあったり、すべてのラインナップを一同に見られる機会。まさに直営店ならではのイベントですね。

 

行った場所は、

 

MACKINTOSH GINZA SIX STORE

 

 

写真はまだ梅雨真っ只中の6月下旬ですが、この日はプレオーダー会ということもありアウター一色。

 

青山の旗艦店でもやっていたのですが、銀座sixのポイントが貯められるため、マッキントッシュのような高額品を買うにはお得なんです。ちなみにうまくダブルポイント期間中に決済ができて、かなりポイントを得しました。

 

マッキントッシュのコート自体はセレクトショップや百貨店では一部の定番モデルや別注品、コンテンポンラリーなモデルを部分的に見ることができますが、さすが直営店のフルラインナップ。アウター大好きな私にはヨダレものばかりで見応え有りでした。

ちなみにゲットしたものをチラッと。

一見すると普通のコットンベージュのステンカラーコートに見えますが実は只者ではないんです。

と、その前に、せっかく一同にラインナップを見られたのでその一部をご紹介させてください。

 

まず最初にノックアウトされたのがこちら。

 

 

やばい!こいつはやばいです!

 

何コートと呼べばいいんですかね。ポロコートやアルスターとも違って、トレンチコートのようなスタイルにパッチポケット。

 

ロングレングスにゆったりしたシルエットやグレンチェック柄でクラシックの要素を表現しつつ、パッチポケットを持ってくる、一見するとクラシカルなコートに見えてこの遊んだ感じがたまらないんです。

 

所謂○○コートってど真ん中狙うより、アウターはこういう遊びがある方が個人的に好きで文句無しの一着です!

逆に、この手のことをオーダーでやっちゃうとあんまり上手いこといかないので、きちんとデザインされているプレタならではですね。

 

といっても、これに決めてしまってもよかったのですが、ブラウンのアウターは他にもあることからこれはスルー。

 

次に安定のセットインスリーブのステンカラーコート。

 

 

 

 

 

 

比翼仕立てのステンカラーコートは同ブランドの中でも定番中の定番。セレクトショップや百貨店などでもよく見かける、オンオフ問わず使いやすいモデルですね。

 

私も去年セール価格で運良くゲットしたものがこちら。

 

 

ネイビーのウール100%で軽くて暖かくお気に入りの一着です。私のモノはダブルになりますが、シルエットは肩から裾までストンと落ちるIラインのシルエット。上のシングルも同じようなシルエットです。

 

 

 

 

マッキントッシュの定番のウェーヴァリーシリーズ。

 

私が最初にマッキントッシュを知ったモデルです。10年くらい前にウェーヴァリーロングーを購入し、それからマッキントッシュのファンになったモデルです。

 

当時と違って中綿がたっぷり入って保温性が高められたアップデートがされています。

 

ドレスダウンしたカッコやカジュアルアップ、場所を選ばず、肩肘張らず。気楽に着られるのもこのモデルの好きなところ。ネイビーあたりを一着持っていて損はないモデルです。

 

次にこんな変わり種もかなり好きです。

 

デニムのフーデットコート。ここ数年マッキントッシュからはデニムのコートが比較的手に入れやすい価格帯で出ていることもあって狙っていたモデルの一つ。アクセントにゴム引きコートに見られるラバーが貼られて、アウターになるとこういうディティールに惹かれるんです。(笑)

フードがアクセントになっていて、カジュアル限定で着まくりたい一着です。

 

そして次に目を引いたのがこちら。

 

ここ数年で再び復活してきたラグランスリーブコート。惹かれたのはラグランスリーブそれではく、この発色の良いオレンジカラー!

 

やばいですね!こんな綺麗なオレンジはほかになかなか見ないです。

 

これにリジットデニム合わせて綺麗に着てみたり、ちょっと太めのチノにコインローファー合わせたり、ブラウンストライプのスーツに合わせてみたりと、コーディネートの妄想が止まりません。(笑)

 

なかなか使いづらい色なだけに試してみたい欲望に駆られます。

 

ただ、東京ジェンツのメンバーでこれに賛同してくれる人は、多分居ないかもです。。。(笑)

 

このモデル、今季トレンドのブラックもしっかり展開。

 

 

ビビットなレッドやイエローのミドルゲージニットなんか合わせて着たくなります。ここ数年ブラックのアウターからは遠ざかっていたので、トレンドとはいえ新鮮です。

ちなみにこのシリーズのパイルカットされたビッグヘリンボーン。

 

 

ムーアブルックの生地に勝るとも劣らない、手触りがよく肉厚でめちゃくちゃ暖かそうな生地を使用するところもさすがマッキントッシュ。抜かり無しです。

ブラックのコートは個人的に気になったので試着してみました。

 

 

 

 

ちょっと暗くて分かりづらいかもですがゆったり目のシルエットにロング丈。グレースーツとかにビシっと決めて着たら渋くてカッコ良さそうです。

 

実はこのコート他にもたまらないディティールが。

 

 

画像のように、コートの裾の仕上げがサイドベンツになってるんです。

 

こういったコートの場合センターベンツのモノしか見たことがなく、初めて見たサイドベンツ仕上げには完全にやられました。

 

ロングコートって、歩いているときにコートの尾翼がヒラヒラするのが好きなんですが、サイドベンツになってヒラヒラ感がよりエレガントになりそうっていう単純な理由です。(笑)

 

他のいくつかのコートにも取り入れられていました。

 

 

聞くと乗馬用コートに端を発しているサイドベンツのディティール。今ではデザインの一つなのかも知れませんが、こんな感じにうまくコートに取り入れるところがさすが英国ブランドのマッキントッシュ。

 

このコートはめっちゃ良かったのですが、着るときにどうしても気合いを入れてしまいそうなのでとりあえずペンディング。

 

では次々行ってみましょう。

 

 

定番のゴム引きのトレンチコートはやっぱりカッコいいですね。近いうちにゲットしたいモデルの一つです。マッキントッシュ のゴム引きコートの綺麗な発色は内に貼られたゴムにあると最近知ったのですが、この話は私がゴム引きをゲットした際にまた改めて。

 

 

ラグランスリーブのベルテッドもいいですねぇ。特にグリーンのローデンウールのトレンチ仕立てのコートはめちゃくちゃ良かったです。

 

 

この辺りの3着も惹かれるアウターです。右のマウンテンパーカーは袖と裾の切り返しにゴム引きコートに見られるラバー貼られているのも惹かれるディティールの一つ。

 

真ん中のビッググレンプレイドも今季のトレンドらしい柄なんですが、シンプルなデザインに落とし込んでいるので上品に見えます。

 

 

これくらいのチェックだとオンでも使いやすそうですね。個人的にも無地のスーツに合わせて崩さずに着たい1着です。

 

そんなこんな一通り見ながら一周回って戻ってきたのがこちらのコーナー。

 

 

この辺りはマッキントッシュブランドの中でもコンテンポラリーな位置づけになるんでしょうか。語り始めたら止まらない私の大好物の要素がてんこ盛り。

 

中でもこれ。これもやばいです。

 

 

リバーシブルコート。片面はイエローとブラックのチェック、表はビジネス使いもできるベージュの単色。

 

オンの日の日中はベージュ側でビジネスライクに着て、仕事が終わって帰りがけに裏返してイエローチェックにしてそのまま遊びに行く、なんて使い方もいいですね!

 

ちなみに、マッキントッシュのベージュってほかのコートブランドよりも発色の良い綺麗なベージュが多い気がします。同じベージュコートでもここまで違うのかというくらい。中でもハニーベージュなんかは私が一番好きなベージュです。

 

これはマイサイズがなく、マイサイズのある色違いのモデルを試着だけしてみました。

 

これもカッコいいのですがさすがに自分にはまだ着こなせる自信はありません。。。(笑)

 

先程のコートの色味は気に入ったのですが思いのほか自分にとってはロングレングス過ぎるのでスルーすることに。

 

それにしてもリバーシブルについて、今までネガティブなイメージしか持っていなかったのですが、マッキントッシュのリバーシブルを着てその考えが一変しました。

 

というのは、比較的安価なリバーシブルコートは値段を抑えるためかボンディングが見るからにチープであったり、使用されている生地もお世辞にも良いとまで思えない生地が両面に貼られてるだけ、というイメージだったんです。

 

それに対してマッキントッシュのリバーシブルコートは、コットンも濃密度のコットンが使われて、ウールは程よいツイード感ある生地をふんだんに使い、コートブランドのプライドを感じさせる作りに完全にノックアウトされたんです。本当、触ってみると全然違う、真冬でも耐えるに十分なコートです。

このリバーシブルシリーズのラインナップでも最後まで気になったのはこちらの2着。

 

どちらのコートもリバーシブル。レッドのチェックはロングレングスで、イエローのチェックはミドルレングス。レッドの方はさらに襟がコーデュロイ素材になっていて、ボディのポップなチェック柄との合わせがたまりません。

 

 

 

 

イエローのチェックはセンターベンツ仕様。

 

 

レッドはサイドベンツ仕様。

イエローは去年からずっとハマっている色で、今季も気になる色の一つなんですが、レッドは今季一番気になる色。

 

サイドベンツ仕様や襟のコーデュロイもたまらないディティールなんでここはレッドに行くか!

と決めたいところなんですが、レッドがロング丈なのに対してイエローはミドルレングス。

ロングレングスはカッコいいのですが、カジュアル使いするときはミドルレングスくらいの方が使いやすく感じるんです。

何にせよ着てみないことには分からない。ということで試着。

はい。実はこれが冒頭に紹介したベージュのステンカラーコートの正体です。

イエローチェックのリバーシブルだったのです。

サイジングはというと、うーん。膝ちょい上丈のちょうどいい塩梅。身幅もゆったり目なので、ひと頃前のショートレングスと違ってパツパツにも見えない。私的にはバッチリなサイジング。

あとは何にせよこのイエローのチェックの配色が大好きな配色なこともあって、私の手持ちのアイテムに合わせやすそうなのも決め手の一つ。

このチェックから拾える色はベージュやブラウン、イエロー。それに合う色ならなんでもこい。

 

ワードローブの服のあれ合わせてー、これ合わせてー、といくらでもイメージできてしまいます。

 

しかもコットン100のベージュ無地とウール100のチェックのリバーシブルで両使い可能。柄と色は派手目ですが他のアイテムで馴染ませたら問題ナシ!かえってこれくらい遊びあった方が着るのが楽しくなります。

何よりアウターで肩肘張りたくないという私のコンセプトにもピッタリ合致する一着です。

秋口から頑張れば3月いっぱいまで着られるこのコート。

 

色々悩んだ挙句、実は値札を見ずにオーダー。

 

その後9月に入荷連絡がありピックアップした際に初めて会計伝票を見て内心失神状態。

 

マイサイズが入荷一点という貴重な一着を手に入れたというありがたいお言葉もらい、手が震えるのを抑えてカードのサインをしてきました。(泣)

 

とはいえ買って後悔無しです!数年かけて元を取ってやるつもりでヘビーユースしてやります。

 

またインスタグラム等で見かけた際はよろしくお願いします。

 

ちなみにこのコートもう日本には在庫が無いそうですが、ネット検索しまくったらNYのオンラインショップに在庫が。

 

ということで、東京ジェンツブログ最長のブログになってしまいましたが、今回もありがとうございました!

 

Sponsored Link