完全に食わず嫌いだったあのブランドとは??【ブルックスブラザーズ編】

BLOG

おはようございます。

 
 
先日、ザギンをブラブラしていましたら…
 
 
 
 
 
 
偶然にも工事中のムーレーの直営店を見つけた散財診断士です。
 
 
 
GAPのすぐ近くの並木通り沿いに、秋頃にオープンするのでしょうか。
(正直今さら興味はありませんがね)
 
 
私もダウンジャケットを愛用しておりますが、ムーレー…
 
 
 
〇ン〇〇ー〇のようなブランドにならないことを切に願います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて遡ること4ヶ月ほど前、とあるブランドのネクタイをひょんなことから100本ほど入手することになりまして…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブルックスブラザーズです。
 
 
ブルックスブラザーズといえば、言わずと知れたアメリカントラッドの代表的なブランド。
 
 
 
ここ最近のアメトラブーム?もあり、また2018AWよりビームスが初めてネクタイやジャケットの取扱いをスタートするなど、今まさに再注目されておりますが、個人的には今まで正直あまりピンとこないブランド、それがブルックスブラザーズでした。
(トランプ大統領が愛用していると、勝手に思い込んでいるワタクシの浅はかな知識なんて所詮はその程度です😂) 
 
 
 
 
 
 
ところがその入手したネクタイの現物を、実際に手にとって見てみると…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
えっ、意外とイケるやん。
 
 
 
 
 
 
 というのが率直な感想でした。
 
このネクタイ達、香港やニューヨークで10~25年ほど前に購入され、殆どが数回着用程度か未使用というもの。
(使用されていないとはいえ、経年劣化も含めてヴィンテージ感ある風合いも気に入りました)
 
 
 
 
直感的に気になる柄だけ別途抽出します。
 
今の時代でも全然着用できるということで、先週もク〇暑い中…
 
 
 
 
 
 
 
 
レジメンをリング製のビームスエフのコットンスーツに合わせたり、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少し前ですがペイズリーをスティレラーティノのダブル、タブカラーに合わせてみたりと、新鮮な組み合わせを楽しんでおるわけです。
 
 
 
 
最近のワタクシ、全身UNIQLOコーデが多いのでタイドアップも新鮮です〜😉
 
 
ちなみに…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今季からビームスが取扱い始めたネクタイのサイズ、最大幅9㎝全長148㎝に対して、これら昔のブルックスのネクタイの大半が、最大幅9.5cm全長幅145cmとやや寸胴なわけです(笑)
 
 
 
 
 
そしてこの約100本のネクタイを入手した際に、個人的にTOKYOGENTSの各メンバーに似合いそうなネクタイも別途確保してましてね。
(タイミングが合わずKOUSEIメンバーにだけ未だ渡せていません…😅)
 
 
 
一見合わせも難しそうなこのペイズリーも、ナオキメンバーの手にかかればご覧のとおりに👍👍
 
 
 
 
 金ボタンの紺ブレと相まって、トモメンバーも鉄板のコーデ✨✨
 
 
 
 
すけしんメンバーには、次回インスタで着画をあげてくれることを期待しています(笑)

Sponsored Link