夏の足元 ローファー編

BLOG

こんにちは、KOUSEI です。

 

来週からは早くも7月に突入ですね。

夏も目の前ということで、本日は夏の足元についてご紹介を。

 

夏は、ドレス靴、サンダル、スニーカーと合わせるスタイルによってバランスよく使い分けますが、まずはドレス靴に絞ってご紹介。

 

とは言うものの…

夏は暑いので、休日のドレス靴はローファーオンリーです(笑)

 

では、早速。

 

 

先ずは、1番ヘビロテ中の靴から!

◆EDWARD GREEN バッキンガム

 

エドワードグリーンの中でも、特に細身の100ラストが使われており、ドレス感が割と強いローファーです。

 

 

色はダークオーク&シンプルなデザインのため、何にでも合わせ易く重宝しています。

 

 

 

最近は、ヴィンテージデニムやベイカーパンツなど、ラフなスタイルの外しとしても履く機会が多いかと思います。

 

 

 

 

◆EDWARD GREEN デューク

 

こちらは、最近購入した新入りです。

 

137ラストを使用し、ウェストンやオールデン等と比べると、細身のデザインです。

 

 

 

バッキンガム(右)と並べてみると…

バッキンガムが如何に細いか分かります(^_^;)

 

 

白と薄茶の夏っぽいコンビのため、デニムやハーフパンツ等に合わせると予定です。

 

週末にハーフラバーを装着したばかりで、まだ履き下ろし前の状態です(^_^;)

 

 

◆J.M. WESTON  180

 

所謂、ウェストンのシグニチャーローファーと言われる定番アイテムです。

 

ボテっとしたデザインが苦手で、ウィズは狭めのCウィズをチョイスしています。

 

 

(左)エドワードグリーン

(右)ウェストン

 

どちらも、似たコンビカラーですが、並べると色味やスタイルは大きく異なります。

 

ウェストンは、濃茶とベージュのコンビカラーで、パーソナルオーダーで別注したカラーとなります。

 

 他人と違うカラーを考えている方は、パーソナルオーダーもオススメです(^-^)

 

 

 

 

◆F.LLI GIACOMETTI 

 

ジャコメッティお得意のコードバン&スエードを使用したローファーです。

 

 

一見、正面から見ると艶あるコードバン靴に見えますが…

 

 

 

後ろ側は、スエード素材に切り替わっています。

 

非常に履き易く、デニム等のカジュアルなスタイルに合わせています。

 

 

難点を挙げると…

素材が切り替わっているため、手入れされていない靴のように見えてしまいます(笑) 

 

 

 

 

◆F.LLI GIACOMETTI

 

此方も、木型も全く同じジャコメッティのコインローファーです。 

 

モカブラウンのスエード素材で、アンライニング仕様のため、非常に柔らかい履き心地。

 

スニーカー感覚で履けるのが魅力です。

 

 

 

 

改めて振り替えと…

ほぼコインローファーの一辺倒。。

何度かチャレンジしましたが、タッセルやビット等の飾りが苦手なようで(^_^;)

個人的には、コインローファー派です(笑)

 

それでは、また。

 

 

Sponsored Link