カジュアル基本の『き』。オリーブカーキ系トップス編

BLOG

ファッションって、各々が着ていて“スッキリ”気持ち良ければそれで良いと思ってます。

 

だから、私が良いと思っても他人様には響かない事があって全くOKだし、逆もしかりなスタンスです。

 

まぁ、わたしがあんまり他人に関心がない事もあるかもですが(笑)。

 

そんな中、『ちょっと着るの難しいなコレ』と思ったのが

 

 

 

 

Fileuse d’Arvor フィルーズダルボー× BEAMS LIGHTS 別注バスクシャツ

の『OLIVE×BEIGE』。

 

何が難しいと思ったかと言うと『Thee 下半身』。

 

 

 

⬆︎試着時の写真

 

ボトムスに関してはデニムでも、チノでも合うことは分かっていたんですが、どんな『靴』にするのが良いのか?

 

気取り過ぎず、洒落て見えるのか考えました。

 

すぐ手持ちで思い浮かんだのがビルケンのチューリッヒ。でもサンダルだと冷え性なわたしにはまだ無理(笑)。

 

そこで買い足しを決意したのがコレ。

 

 

 

converse コンバースALL STAR S-C OX オールスターS-C オックス。

カラーはオリーブ。

 

結局、基本と言うか「オーソドックスなアイテム」になる(笑)。

 

クラシコ系の方が『ベルトと靴の色を合わせる』ように、カジュアルは『トップスとシューズの色を合わせる』のが一番無難かつ小綺麗にまとまると思ってまして。

 

そんな『基本の「き」』、カジュアルになると余計に大切だと思うんです。

 

私も、たまにカッ飛んだ格好をしますが、基本は『地味の中の輝き』をテーマにコーデをくんでおりまして。

 

 

 

 

『難しいな?』『分からないな?』と思ったら、こんな基本に戻ることにしてます。

 

初カーキ単色コンバースですが、ZOZOクーポンとZOZOアリガトの合わせ技で5,000円くらいで購入できました!

 

 

 

 

お値段以上のニトコンバース。

 

基本に戻る時にはやはり、オーセンティックなアイテムが一番だと思うと言うお話しでした。

 

 

そして、終わってしまうZOZOアリガトよありがとう(笑)。

 

 

チヴェディアーモ(また、あいましょう!)

Sponsored Link