当たり屋のように自ら飛び込みましたがなにか【スティレラティーノ編】

BLOG

おはようございます。

 

 

 

昨夜、泥酔しながらも、なんとかこのブログを雑ながらに書き上げた自分を自分で褒めてあげたい散財診断士です^^;

 

 

 

そしてアノ次官は真っクロでしょうね〜\(^o^)/

 

 

 

さて、プロ野球は日米トモにとっくに開幕しているわけですが、ワタクシの服飾購入の開幕戦も毎年ビームスが3月に開催されるダブルポイントキャンペーンになるわけでして。

 

 

 

 

ちなみにワタクシ、この開幕戦を迎えるにあたっての事前準備としましては、

 

 

 

①全国のビームスのドレス系店舗のスタッフブログをデイリーでチェック。

 

②気になるブツが出てきたらブックマークしておき、暇を見つけては店舗で現物目視確認、場合によっては試着も。

 

③その中でも特に気になったブツをダブルポイントキャンペーンのタイミングに合わせてお取り置きをお願いして泣く泣く?購入。

 

 

とまあ、ビームスさんに完全に囲い込まれたルーティンを毎季実行しているわけです(T . T)

 

 

ところがアメブロの方にも書きましたが、2018年SSは例年以上に刺さるブツが少なく、どれを逝くのか迷うまでもなかったわけでして…

 

ということで、4つほどのブツの購入でダブルポイントキャンペーンは穏やかにハイ終了の見込みであったこともあり、それならばとこの時に書きましたユニオンワークス別注のガジアーノ&ガーリングを逝ったわけです。

 

 

 

その直後にコトは起きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は去年の11月に、ラティーノの予約を入れて2月に購入する予定だったんです。

 

 

 

取り寄せたサイズはいつもと一緒の42(ラティーノ以外のインポートは大抵44です)。

 

 

 

 

ところが今季のラティーノ42は…

 

 

 

 

なぜかタイト過ぎました

 

 

 

 

当初はナポリ名物の個体差かと思ったのですが、今季のラティーノ、どうやら全体的にタイトとの話もありまして、42はリリースさせて頂き改めて他のインポート同様に44のお取り寄せをお願いしたところ…

 

 

 

 

 

まさかの5人キャン待ち!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には、かなり刺さっていたヘリンボーンでもあったので、コレは自分にまではまず回ってこないであろうと完全に諦めており、むしろ忘れていた事案であったわけです。

 

 

 

 

そこにきての、ガジアーノを逝った直後の、キャン待ちが回ってきましたよというオレンジ魔のご連絡。

 

 

 

 

断ることもできたのに自ら当たり屋のように飛び込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど今週に差し代わったばかりの2018SSで着用してます。

 

 

 

コーデの解説は、ジェンツメンバーのトモクルーズ氏が秀逸過ぎる解説をしてくれていますので、ワタクシが語るまでもございません^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのブートニエールは某ブランドのそれではなく、撮影場所であった西新宿の路地にひっそりと咲いていた花からありがたく頂戴しましたリアルブートニエールです(^^;

Sponsored Link