やっぱアローズってすげーわ!!とアウトドアを通じて感じたこと!!!

BLOG

 

おはようございます、すけのしんでございます。

まずワタクシごとではございますが1つご報告がございまして、、、しがないサラリーマンであるワタクシ、このたび”転勤”が決まりました!

詳細は追ってお話しさせて頂きますが、本当にまさか!?という角度から来た話しでして、つくづく人生何が起きるか分からないなと思っております。

 

さてさて、ファッションは既に白旗状態のワタシ、語れることと言えばそう、あの業界のコトくらいです(笑)

 

感じてらっしゃる方も多いかもしれませんが、ここのところファッション業界もどんどんアウトドアの方向に向いています。

 

最近だと、非常事態宣言で流れてしまいましたが8月は伊勢丹でM16というガレージブランドを中心としたキャンプ関連イベント。

そして今月9月は渋谷パルコでPARCO OUTDOOR PARKがオープン。

 

それ以外にも各セレクトショップやデパートが、アウトドア関連の売り場やアイテムの拡充をグイグイ進めています。

 

重衣料はもちろん、カジュアルすら厳しい昨今、一番売れるポテンシャルのあるカテゴリーへシフトするのは当たり前のことだと思います。

 

実は伊勢丹やパルコの動きは今年の4月に人づてに聞いていました。*以下、とある情報筋の方と4月にやり取りしたインスタDM。

 

もし情報を鵜呑みにしたとして、パルコのケースだと準備期間からオープンまで約半年程度かかっている計算になります。

 

もちろん売り場面積や取り扱い製品の点数など”規模”によって時間は変化するでしょうから、半年が早いのか遅いのかは分かりません。

でも、フロア半分全てをアウトドア関連にするという事例ではそのくらい時間がかかるということです。

 

その点を考慮した場合、規模の違いはあれど2021年4月16日、青山の一等地にKotiをオープンさせたユナイテッドアローズはやはりすごいなと・・・*Kotiのレポートブログも是非!!

 

会社としてあれだけの規模がありながら、恐らく2020年度後半には投資判断からプラン諸々の策定がなされていたのだろうと思うと、熾烈なファッション業界においてそのスピード感こそが命なのだろうと改めて思いました。

そして次の競争は各社、どのような打ち出しでさらなる展開をしてくるか!?

 

うーん、、、やっぱりファッション業界は厳しい・・・ワタシはとりあえずコーヒーでも飲んで見守ります(笑)

 

Sponsored Link