秋冬物の買い物第1弾!〜ジャケット編

BLOG

こんにちは、Kazです。

過日、ゲストブロガーとして

寄稿させて頂きましたが、

この度TOKYO GENTSの皆様より

再度オファー頂きました。

 

TOKYO GENTSの皆様、

再びこの様な機会を与えて頂き

誠にありがとうございます。

 

 

前回はカジュアル(Tシャツ)について

書きましたが、

今回は自身のホームグラウンドについて

書きたいと思います。

 

まだまだ暑い日が続き、

秋冬の服のイメージなんて湧きづらいですが

そろそろ準備しなければなーと思っていた

今日この頃です。

 

そんな折、

予約していたブツが入荷したと

連絡を受けてたので

(デリバリー早すぎるやないかい!)

行って参りました。

 

今回のブツは🅱️社の内覧会に行った際に

一目惚れしたジャケットです。

 

購入したブツの話の前に、

色々な所で既出かと思いますが

AW18のキーワードは以下だそうです。

 

・英国調

・グレンプレイド、ストライプ

・コーデュロイ素材

・ハイテク素材

・引き続きメタルボタン

・ロングコート、ダッフルコート

・レザー、ムートンアイテム

・グリーン、パープル、オレンジ

 

ふむふむ。なるほど🤔

 

話は元に戻して、

 

私はジャケットを購入する際は

何着か候補をピックアップし、

次に3着程に絞ります。

そして自身のワードローブのアイテムと

どう合わせるか、

あーでもないこーでもないと考え、

最終的に1着に絞り購入する。

というのが通常の流れです。

 

今回のジャケットはまさに一目惚れであり、

 

「第一印象から決めてましたー!

   よろしくお願いしまーす。」

 

と、先手必勝の如く他には目もくれず

決めたぐらいドンズバのジャケットでした。

 

要するに、

ジャケットを購入するに至るまでの

通常のプロセスをすっ飛ばしてでも

購入を決めたぐらい刺さったのであります。

 

決め手は色々ありますが

最大の理由は、

「見た目がカッコ良いから!」

これに尽きます。はい。

 

De Petorillo

モデル:Napori

段返り3つボタン。半毛芯仕立て。

 

 

今の時期、見るだけで暑いですが(笑)

 

 

グレンプレイドに鮮やかなブルーのオーバーペン。

 

肩パットや芯地を最小限に留め、裏地を持たないセルツァインテルノ。

 

ナポリの特徴とも言えるバルカポケット。

 

英国調ぽさを感じるチェンジポケット。

 

このジャケットは色、柄、艶感に

イタリアぽさを感じ、

ツイーディーな生地感、

ディテールのポイントに英国ぽさを感じる!

まさにイタリアと英国のいいとこ取りした、

ようなアイテムだと思います。

 

 

そういえばペトリロのジャケットは

これで4着目です。

 

手持ちのペトリロ達。

 

私がペトリロが良いと思う理由は以下です。

 

・自身の体型に合っており、いい塩梅のフィット感が得られる。

・アームホールがコンパクトな作りな故、腕を上げてもジャケットが引っ張られない。

・時代に合ったデザインを提案しながらも一過性ではなく永く愛用できる。よって費用対効果が高い。

 

 

このジャケットの登板開始は

2カ月以上先になると思いますが、

コーディネートのバリエーションは

イメージしておこうと思います。

 

タイドアップのイメージ。

 

ダンガリーシャツと合わせて

アメリカぽさを取り入れるのも面白いかと。

 

ニットインのイメージ。

白もいいけど個人的にはボルドーが新鮮!

 

 

チェンジポケット付きのジャケットは、

通常はキチンと着るべきものと

言われるかもしれませんが、

敢えてそこに縛られる事なく、

自由な組み合わせを楽しみたいと思います。

 

 

実際に着用した感じはシーズンイン後、

機会があればその時にでも!

 

 

お盆も過ぎまだまだ暑い日が続きますが、

朝晩に風が吹いた時にふと秋の訪れを感じ

こうして季節が移り変わるのだなと、

しみじみ思うわけで。

 

ファッションはいつでも楽しいですが、

個人的には秋が1番わくわくします。

 

 

皆様の秋冬の装いの準備は⁈

 

 

毎年毎年、

真夏に秋冬物を真冬に春夏物を購入する。

と、すっかり季節が逆転しちゃってるよ!

の、秋冬物買い物第1弾!〜ジャケット編でした。

 

 

機会があればまたお会いしましょう!

Sponsored Link