UNIQLO & Engineered Garments 狂想曲。

BLOG

UNIQLO and Engineered Garments。春夏も展開しましたが、秋冬はいっそうヤヴァイと思うトモ・クルーズです。

 

 

クラシコからファッションに目覚めた方はガーメンツを知らない方もいらっしゃるかと思います。

 

Engineered Garments(エンジニアド・ガーメンツ)は元々は老舗セレクトショップのネペンテスのオリジナルブランドが発祥。

 

鈴木大器氏がデザイナーを務めており、現在は母体をニューヨークに移して活躍しております。

 

 

 

古き良きアメリカのデザイン、アメリカンクラッシックをベースに、ミリタリーやワークをリアルクローズに落とし込む卓越した手腕で世界を魅了しているのです。

 

だもんで、ガーメンツの服はクラシコも真っ青な位にハイプライスなモノもあったり(笑)。

 

ネペンテスがまだ原宿の奥の裏手の2階にゴチャっとしてあった頃が懐かしい…あの時に買ったベルトを今でも大切に持っています。

 

話を戻して…今回ガーメンツ×ユニクロ秋冬LINEの何が凄いかと言うと…

 

 

 

↑ フリースコンビネーション・ジャケット(3.990円+税)。

 

このクオリティでこのプライス。

 

 

 

↑ フリース・プルオーバー

 

こちらなんと、1990円+税。

 

ガーメンツのオリジナル商品だとケタが一つ以上変わってくる…しかも、これなんてpatagonia / ロス・ガトス・クルーに若干似ていて、雰囲気ええ感じ。

 

だが、しかーし!発売日の10月11日をすっかり忘れており、気がついた時にはECのサイズが欠け出してしまいまして。

 

残りを一挙に抑えようかとも思ったのですが…

 

 

 

コンビネーション・ジャケットのサイズスペック表を見てみると…Mサイズで肩幅49.5㎝とかマジか??

 

と二の足を踏んだのでした。

 

それならば!と仕事終わりの日曜日に池袋へ向かうも…

 

 

流石の人だかり。とりあえず、フリースコンビネーション・ジャケットのベージュのMを試着。

 

やっぱ、Mサイズで大丈夫な事を確認→購入。

 

 

 

しかし、肝心のフリースプルオーバーのS、Mの全カラーが売り切れ…!!

 

池袋の4店舗全てでソールドアウト!

 

『ガビーン』とネット在庫を見たら、隣の大塚にオリーブ、ブラックのMがある事を確認。

 

ダッシュで向かいます(笑)。

 

 

 

こちらでも、やはり黒山の人だかり。書き分けて、お目当てのサイズを掻き出します(笑)。

 

そしてなんとか…

 

 

 

ギリギリ、オリーブMのラスイチ、ブラックのM、ホワイトS(妻用)のトリプルXをゲット!!

 

久々にええ汗かきました(笑)。

 

 

 

こんだけ買っても約10,000円だから、やっぱコスパ良いなぁと思う訳です。

 

ブログ用に早速着てみたところ…

 

 

 

めっさエエ感じ。

 

基本、タウンユースですが中々見ない色合いとガーメンツコラボの魅力に大満足です。

 

これにて秋冬のカジュアル冬支度終了。

 

これ着て息子と遊ぶ冬が今から楽しみです!

 

追伸

大型店舗以外ではまだ在庫あるぽいので急げば脈ありかもです。

 

 

追伸2

今朝オンラインを確認したところ、奇跡的に在庫が少し復活してました。気になる方は急いで下さいませ!

 

 

本日もお読み下さりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link