アズーロエマローネの万能性

BLOG

おはようございます!ナオキです。

 

今回のお題は、

 

 

アズーロエマローネ

 

 

 

ネイビー系とブラウン系の色で合わせたコーディネートを意味する言葉。聞きなれた人は今更感があると思います。

 

今でもキーワードで検索するといくらでもネタは出てきますが、この少し気取ったフレーズは、イタリアの男達は……なんていう枕詞と共に、ちょい数年前に各メディアやSNS、セレクトショップの売込みで一斉を風靡した言葉として記憶に新しい方も多いのでないでしょうか。

 

(ちなみに数年前に私が最もアズーロエマローネを意識していた時のカッコがこちら。完全に青と茶の2色ですね。)

 

 

ここ2、3年前から〇〇回帰や〇〇調なんていうトレンドによりグレーやブラックなどのモノトーンカラーなどがフューチャーされるようになり、アズーロエマローネは過去のイタリアスタイルで、当時買ったアイテムなどは使いづらいなんて思っていらっしゃる方も多いのでないでしょうか。

 

 

今でもネイビー&ブラウンのアイテムは廃れないことについて私なりの考えを書いて行きたいと思います。

 

 

なお、知った口で書いているところもあろうかと思いますが、当サイトコンセプトのとおり、あくまで素人目線である点についてはご了承くださいませ。

 

 

前置き長くなりましたが、何故ネイビーブラウン系を推すかというと。。。。

 


1 オフまで気張りたくない。

 

私にとってオフの日にグレーやブラックはシックになり過ぎて気張りすぎてしまうため、仮にオフにドレススタイルをするにしても、ブラウン系のジャケットを入れてカジュアル感を出すなどした肩肘張らないスタイルが好きです。

 

instagram ID __7.y.s.__

さんよりご拝借させていただきました。

 

素敵ですね。

 

ジャケットを着用されていますが、落ち着いたコントラストのブラウン系のグレンチェックジャケットに、デニムとスエードのタッセルローファーでカジュアル寄りなアイテムをうまく使ってらっしゃいます。

 

ジャケットスタイルでもカジュアル感ときちんと感のバランスがしっかり取れていらっしゃると感じます。

 

ブラウン系の柔らかみとデニムとタッセルのカジュアルさが肩肘張らず、行く場所を選ばないスタイルだなぁとかんじます。

 

 

過去のアイテムをそのまま使うとするなら、デニムのカッタウェイのシャツなどがやっぱり素敵だと思います。

 

カッタウェイシャツを使いつつも、ツープリーツのパンツにブレイシーズを使われて今の雰囲気をうまく取り入れてらっしゃってさすがだなぁと思います。

 

 

たしかに、ボタンダウンやショールカラー、タブカラーのシャツなどが今のトレンドだと思います。しかし、それらを着るにしても、以前にそれなりの額で買ったシャツを古いトレンドとして無駄にはせず、きちんと着こなす、それがまた私にとっては素敵に見えます。

 

 

 

話は逸れますが、売り込んだ側がカッタウェイは昔からイタリアの定番……なんて言って売り込んでいたような気がするんですけどねぇ。。。

 

 

いずれにせよ、私も休日にジャケットスタイルをするならこんなスタイルがしたいところです。

 

 

 

 

 


2 この2色だけでなんとなくそれっぽく簡単にできてしまう

 

色彩学からもネイビーとブラウンは相性がいいとのことで、コーディネートに困った時、なんとなくでもブラウンとネイビーを合わせて着てしまえば、よっぽどのことがない限り外すことは無いと思います。

 

 

また私の画像ですみません  汗

 

この日、実は遅刻寸前に起きて、適当に選んだスタイルなんです。

 

これがオシャレかどうかは別にして、こんな感じで、オンスタイルなんかでも考えるのが面倒な時はネイビーのスーツを着て、ブラウン系のネクタイにバッグと靴なんかの小物を合わせると、なんとなく形になっちゃう気がします。

 

朝の時間が無い時に、色気付いてネイビーのワントーンで!なんて下手に考えたりすると、全然ハマらず時間があっという間になくなってしまいます。

 

 

次に、ブラウンよりもキャメルカラーですが、私のオフスタイルのネイビー系とブラウン系の組合せです。

 

このコーディネートも、出かける前にデニム穿いて、キャメルのタートルネックニット着て、アウターもなんとなく同系色でどうなの??ってキャメルのニットダッフル羽織ったみたら意外にいいかも!って決まったコーディネートです。

 

 

トップスが明るい時、大抵はその外側の色はコントラストをつけるために濃いめの色にすると決めています。今回の場合、外側は靴と鞄です。あとは手持ちの濃いめブラウン系のバッグと靴を合わせてお終いです。

 

 

これがトレンドの着こなしではない事は承知してますが、それよりも好きな色を着る、これが一番大切にしていることです。

 

 

ネイビー系とブラウン系は流行ろうが流行るまいが、イタリア人の定番だろうがなんだろうが、今後も自分が好きな色を着る。そんなことを大切にしています。

 

 

そうすれば、仮にコーディネートに困ったときにその色に立ち返ることで、オンでもオフでも、下手な色合わせをして出かけたときに受けるショックよりもはるかに気分良く出かけられます。

 

 

困った時ほど、オンオフともに使えるネイビーとブラウン、これに限ると思っております。

 

 

※オンスタイルの場合、会社のドレスコードがブラウン系の靴を履いて行けることが条件ですね。。。


 

 

 

 

次回は、ネイビーとブラウンに他の色を足すならどんな色がいいか?ネイビー系のワントーンとブラウン系のワントーンについて考えてみたいと思います。

 

ではでは、長文になりましたが、ありがとうございました!

 

 

Sponsored Link