生地持込のオーダーシャツ 〜タッターソール ・ボタンダウン完成編〜

BLOG

先日、欲しいタッターソール チェック・シャツが売り切れてしまったので「似たような生地」を購入し、「生地持込」でシャツをオーダーしている件をご報告させて頂きました(⬆︎リンク有り)。

 

納期は1カ月とのことでしたが…

 

先日、『3週間で上がってきました』との連絡が入り、早速ピックアップして参りました。

 

 

お店はこちら…

 

 

 

 

⬆︎ テーラー・フクオカ新宿店

 

なぜここにしたかと言うと、いつも贔屓にしているオーダーシャツ屋が生地持込NGでして。

 

色々と調べた結果、私の予算内ではコチラにお世話になる事となったワケです(笑)。

 

前回対応してくれた、工藤監督の息子似スタッフは接客中で、今回は眼力強いレオン系おじさんスタッフでした(笑)。

 

 

全貌どーん!

 

 

 

 

おおぉ〜!

 

見た目はとても良い感じです♪

 

 

 

 

ありそうで中々無いのが「ブラウン系タッターソール (格子柄)チェック」。

 

『ダークブラウンとベージュのコンビ色』が今回のこだわりでした。

 

 

そして「やや垂直方向に伸びた襟型」も頭で描いた通りです。

 

 

 

 

一応、ココンチでは初仕立てだったので、試着はマストとの事…

 

こんな日に限って『タイバー』してるワタシ…脱着めんどくさし(笑)。

 

 

デフォルトからいじったのは

台襟の高さ

襟の長さ

腕周りのシームをダブル(有料)

 

 

 

 

着用してみたインプレは…『いいっ!』

 

当然ですよね。だって自分の体型に合わせてあるんだから(笑)。

 

ちなみにこの価格帯のオーダーシャツのほとんどは◯◯◯◯がOEMで請け負っているので、着てみるとソコだとわかるのですが…着心地が明らかにワンランク良いので今回は違ったようです。

 

 

勝因はやっぱりデフォルト4㎝の台襟を3㎝にした点かと。

 

 

よく量販店等で売っている廉価シャツって大体台襟4㎝でして、コレがオッさんぽいスメル&ネクタイのキマリの悪さを醸し出すとワタシは考えておるのです。

 

 

 

 

(⬆︎  TG = Tokyo Gents です(笑))

 

 

今回の試みにおける予算内訳は…

生地代金が約2,000円

仕立て代金が9,000円

合計で11,000円で完成!!

 

(因みに店の在庫生地を採用した場合、綿100パーセント生地で1万円位)。

 

 

 

 

フルオーダーシャツみたいなモンで、コレを高いと思うか、安いと思うか?

 

 

オサレは自分の世界の追求にあるのかもしれません!

 

 

なんつて。

 

 

チヴェディアーモ(また、あいましょう!)

 

Sponsored Link