ジャケットのビスポーク体験記@MICHELE&shin

BLOG

こんにちは、KOUSEI です。

 

 

ここ最近…

シーズン毎に、メンバーのナオキ氏とスーツ&ジャケットをオーダーするのがルーチン化しています(^_^;)

 

 

悪ノリで色違いのジャケットを作ったりと、楽しみでもあるのですが…

 

 

因みに、昨年は  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

◆NAOKI氏:ブルー

 

 

 

◆私:ブラウン

 

 

ドラッパーズの色違い生地でオーダーしてみましたが…

流石に一緒に着るのは恥ずかしい(笑)

 

 

前置きが長くなりましたが、

今回はビスポークテーラーで作るとのことで、ジャケットのビスポークを初体験してみました(^_^)

 

 

◆MICHELE&shin  ミケーレ&シン

  ※ショップのHPにリンクしてます

 

※掲載の許可を頂いております

 

PITTI UOMOの情報発信やゲストblogでもお世話になっていますが、個人的には初訪問。

 

フルオーダーやビスポークというと…

細かな寸法イメージやある程度の専門知識が必要で…

個人的には、少しハードル高いな…

と思ってましたが、全くそんな事はなく(笑)

 

セレクトショップの店員さんとカフェで会話するノリで、楽しい時間があっという間に過ぎていきました。

 

 

今回は代表の松本さんにご対応いただきましたが、服が大好きなナポリ親父といった感じです。

知識豊富で話が面白く、デザイン等のイメージを引き出して貰えます。

 

話しながらの、フリーハンドでイメージを書き起こす過程のワクワク感が、意外とハマるかもです(^。^)

 

 

パターンオーダーとは違い、型から起こすため、細かなディテールやデザインもほぼ制約がないのは、ビックリしました。

 

当初はスーツを予定してましたが、折角ならオリジナルのデザインに拘りたく、急遽、ジャケットに変更することに(笑)

 

少し迷いながら、今回は松本さんオススメのダブルに決定。

 

 

ラペル幅は少し幅広で丸みを持たせ、ゴージラインはトレンドに乗らず、少し高めにしてみました。

 

また、ポケットはパッチポケットをチョイスしましたが、位置やサイズ、デザインも自由に決めることが出来ます。

 

 

今回の拘りポイントの1つですが…

胸ポケットはアウトポケットのデザインで決定しました。

 

ボタンは持込みも可能とのことで、ビンテージのメタルボタンでも探そうかと思索中です。

 

 

続いて、生地の選択。

生地は、代表自らがイタリアで直接買い付けに行くそうで、イメージや生地の特徴を聞

きながら決めていきます。

 

織りが素敵なネイビー生地を発見し、生地はあっさり決定。

無地だと、完成時の良し悪しも判断し易いため、丁度良いかと(笑)

 

 

続いて、採寸です。

 

パターンオーダーと違い、相当数の採寸を行います。

 

 

約1カ月後には、仮縫いとのことで、また体験したらレポートしてみたいと思います。

実は…仮縫いで何をするのか全く分かっていませんが(^_^;)

 

もう少し、詳細を知りたい方は、ナオキ氏のblog記事をご参照いただけると幸いです。

こちらをご参照ください!!

 

それでは、また。

 

Sponsored Link